2009年07月31日

あと少しなのに

20090729_47.jpg
いよいよ明後日がパッキングだ。

実は先週末に記録にもないような豪雨があって、地下が浸水してしまった。
この家とは本当に縁がなかったということか、あるいは、結局NZには行けないんだよ〜ということか・・・と夜も眠れなかったけど、ご近所さんに夜中まで手伝ってもらって、とりあえず何とか事態は収拾した・・・はず。

まったく、何が起こるかわかりませんな。

先週はさよならパーティーとかしてもらって、気分も盛り上がっていた長女だけど、この浸水騒ぎで私はまったく余裕なくなって、ますます寂しい思いをさせてしまっていた。

そんなこんなでやっと落ち着いた昨日、最後のお別れにと、一番仲良しのKちゃん一家が来てくれた。

うちの長女にとっては、カナダで初めての、一番の友達だ。
Kちゃんがいなければ、長女の小学校生活はうんと寂しいものだったに違いない。
と、Kちゃんのお母さんに言うと、「うちの子にとっても同じよ」と言ってくれた。ラッキーなことだ。

何度もハグして、やっとさよならをした後、長女は大泣きしていた。

ごめんね。

でも、そういう友達ができて、本当によかったね。

2年前にカナダに来たときには、こんな風になるとは思ってもみなかったね。
【カナダの生活の最新記事】
posted by conafan at 10:41 | Comment(3) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

車売却

引越前の最大の懸念事項であった車が売れた。
引越ギリギリで引き渡すのが理想だったけど、ギリギリなのは何かと不安なので、あと2週間はレンタカーでやり過ごすつもり。

アメリカ同様、こちらでは中古車は個人売買が多いようだ。
オンタリオ州で車の個人売買時に必要なのは、車の登録証と「UVIP(Used Vehicle Information Package)」というもので、UVIPはServiceOntarioDriver and Vehicle Licence Issuing Officeで入手できる。
このオフィスも町に一箇所必ずあるようで、うちからも車で5分ほどのところで登録証を見せて20ドル支払えば、1分ほどで発行してもらえた。

そのほかに「Safety standards certificate」と「Emission Report」というのも要るそうだが、これは必ずしも売り手が負担するものではないようだ。
でも、さっさと済ませたいので、夫がCanadian Tire に行って半日つぶして取得。

買ってくれたのは、公務員の若い夫婦。
今まで見たことないほど辛気臭いカナダ人で、非常に細かい(ケチな)タイプであった。
夫はあまり乗り気じゃないようだったが、私が早くスッキリさせたかったので、決めることにした。

夫も言うとおり、私はまったく商売に向いていない。
ええ、取引とか交渉とかイヤだし、生まれながらの女工なんですよ。仕事さえ与えてくれれば、それだけはきっちりこなしますよ。

とにもかくにも、スッキリできてよかったよかった。
「これで家の売却がキャンセルになったらどうしよう・・・」
と早速次の心配をしていたら、
「一番辛気臭いのはおまえや」
といわれましたよ。
posted by conafan at 11:06 | Comment(2) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

移住ブルー

20090713_31.jpg
ご近所さんがまたコテージに呼んでくれた。
この一家と出会わなかったら、私たちのカナダ生活はまったく違う印象だったと思う。

帰り際にそれを伝えているうちに、一人で感極まって泣きながら夜道を運転していたら、
「楽しいって思えば、楽しくなるよ」
と長女が後ろから言ってくれた。

暗い夜道のドライブが怖い長女の口から出た言葉にみんなで笑ったけど、そんなポリアンナ思考を強いてるのかと思うと、ちょっと複雑でもあった。

続きを読む
posted by conafan at 21:06 | Comment(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

あと1ヶ月

20090709_11.jpg
カナダの生活もあと1ヶ月となった。
ムービングセールの引き渡しをしたり、呼んだり呼ばれたりしていると、あぁもうすぐなんだなぁとは思うけど、いまいち実感がわかない。

日本を出るときは、無駄に一人で心配しすぎて、ハラハライライラの連続で、何だかすべてがツラく苦しく、とにかく早く済ませたかった。

今回はただ何だかぼんやり寂しい。
単純に年を取った分、ハラハラするにもエネルギーが弱っているのか、本当はいろいろ考えなきゃいけないのを見ないフリしてるだけなのか。
昨日飲み過ぎてダルくて、こんなこと考えてしまうだけかな。

子どもたちが友達同士で楽しそうに遊んでいるのを見ると、本当に切ない気分になって、やっとニュージーランドに行けるというのに、何だか悪いことをしているような気になるのは確かだ。

もう海外引越はこれっきりで済みますように! 
まじで。
posted by conafan at 03:57 | Comment(3) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

学校も終わり

20090618_02.jpg学年末ということで、いろいろイベント目白押しだ。

先週は次女のプレスクールとデイケアが最終日だったので、先生方にギフトとカードを用意した。
カードに書くメッセージは、なんとか検索してそれっぽくしたつもりだけど、最後に感謝の言葉を直接伝えるのは苦労した。

「大変お世話になりました」

これに尽きるのだけど、言葉を尽くすことができない。
考えてみれば、日本語でも難しい。(私には)

続きを読む
posted by conafan at 10:28 | Comment(3) | カナダの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

マシュウ!

引き続き「赤毛のアン」を1日1話ずつ鑑賞中。

といっても、アンがすっかり成長して、入学試験とか奨学金の話になってくると、真剣に見ているのは私だけかも。

日曜7時半からの「世界名作劇場」で見ていたはずだけど、アンが小さい頃のストーリー(石板でギルバートの頭を叩くとか、からす色に髪を染めるとか)しか覚えていない。
おそらく、今のうちの娘たち同様、当時の私にとっては進学等の話はまったく理解できず、故に記憶にも残っていないのだろう。

で、今日はマシュウ・カスバートが死ぬ日だった。

続きを読む
posted by conafan at 10:50 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

鶏皮の国

こんがり焼いた手羽先を食べながら、
「この焼けた皮のところが好きなんだよね〜」
と長女が言った。

「日本の焼き鳥屋なんかじゃ、この皮だけ集めて焼いたのもあるぞ」
「えー! いいな〜! 早く日本に行きたいな〜!」

こちらでは、鶏肉はご丁寧に皮なしで売っていることが多いので、手羽先くらいしか鶏皮を堪能できない。
というか、娘がそんなに皮好きだったとは。。。

さらに、
「ね〜ね〜、日本の夏ってすっごく暑いんでしょ? ノースリーブ着て行ってもいい?」
「あぁ? そーねーいいよ〜(何でも)」

続きを読む
posted by conafan at 10:18 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

NZへの引越見積り

引越を決めたので、引越会社に見積りに来てもらった。
昔、日本でNZまでの引越費用を聞いたら、ざっくり200万円と言われたので、ある程度は覚悟していた。

だって、「日本−ニュージーランド」と「オタワ−ニュージーランド」では、距離だけ考えてもざっくり2倍だからね。
さらにパナマ運河とか通るのかと思うと、もう・・・

続きを読む
posted by conafan at 23:55 | Comment(2) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

決断

cnjpnz.gif
カナダはこの夏で引き払って、日本を経由して、ニュージーランドに引っ越すことに決定。


ついに、念願の、妄想先のニュージーランドだっ!

続きを読む
posted by conafan at 03:57 | Comment(7) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

褒め言葉98選

20090422_96.jpg
次女が通っているプレスクールの、壁に貼ってあったもの。

オリジナルは、プレスクールの先生用の資料だそうだ。
「Great!」といった単語だけのものから、ちょっとした文章まで様々だけど、私は日本語でも褒め言葉を10個も思いつかない。。。
お母さんたちが褒め上手なのも、納得だ。

98個の褒め言葉の上には、こういう文章があった。
(日本語にしてみようかと思ったけど、一気に陳腐化しそうなので英語のままで)
If a child lives with encouragement, he learns confidence.
If a child lives with praise, he learns to appreciate.
If a child lives with approval, he learns to like himself.
If a child lives with acceptance and friendship, he learns to find love in the world.


find love in the world...おおぉおぉ
posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | カナダの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。