2009年11月19日

移住しました

2009-10-23 19-52-57.jpg
日本滞在を経て、ついにニュージーランドに移住しました!

って、移住してからだいぶ時間が経ってしまったけど、とにかく足掛け4年半ほどのプロジェクトが一応の完了だ。

で、すっかり燃え尽き症候群な私。

続きを読む
posted by conafan at 15:32 | Comment(3) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

2年ぶりの日本

カナダ東部旅行の後、夏の終わりの日本に1ヶ月あまり滞在した。
関東各地でお世話になった後、両方の実家で本当にのんびり過ごさせてもらった。
2009-09-02 12-55-49.jpg

久しぶりの蒸し暑さと、人・モノ・情報の多さ、電車での移動には疲れたけど、懐かしい人たちに会えて、たくさん日本のおいしいものをいただいて、ありがたい限りだった。

娘たちはいとこと一緒に真っ黒になって遊びまわり、蚊に刺されまくり、普段はなかなか食べられないアイスクリームや大福を好きなだけ食べさせてもらって、これぞ夏休み!という経験ができた。
「ニュージーランドに行ったらやろう」と先送りしていた自転車にも上手に乗れるようになったしね。

とにかく至るところで良くしていただいて、感謝感謝の日本滞在だった。
頑張って帰ってきた甲斐がありました。
posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

NZへの引越見積り

引越を決めたので、引越会社に見積りに来てもらった。
昔、日本でNZまでの引越費用を聞いたら、ざっくり200万円と言われたので、ある程度は覚悟していた。

だって、「日本−ニュージーランド」と「オタワ−ニュージーランド」では、距離だけ考えてもざっくり2倍だからね。
さらにパナマ運河とか通るのかと思うと、もう・・・

続きを読む
posted by conafan at 23:55 | Comment(2) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

決断

cnjpnz.gif
カナダはこの夏で引き払って、日本を経由して、ニュージーランドに引っ越すことに決定。


ついに、念願の、妄想先のニュージーランドだっ!

続きを読む
posted by conafan at 03:57 | Comment(7) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

ニュージーランドダウンロード!

20081111_27.jpg
ポータブル・カーナビにニュージーランドの地図を入れてみた。

オンラインで買うときは、オーストラリア経由なのだな。
このせいで、アカウントの設定が一発ではいかなくて時間がかかってしまった分、地図をダウンロードできたときはかなり感激。

ちなみに、北米の地図と比べると、データは約38分の1。
やっぱり、ちっちゃいな〜。

しかし、地図の値段は北米のほうが2割ほど安い!

希少価値!? NZ!

とりあえず、ナビゲーションの声も、ニュージーランド訛りに変えておきました。
posted by conafan at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

NZ永住権への道程

これまでの話を一旦まとめ。
時間軸はEOI提出を基準にしてます。

3ヶ月前 ・IELTS受験(
NZQAレポート申請(NZQAリストにない学校の場合)
・無犯罪証明の申請(過去10年間に半年以上居住した国)
0 オンラインでEOI提出
0.5ヶ月 EOIセレクション通過
1ヶ月 Invitation to Apply for Residence (本申請許可)のレターが届く
本申請に必要な書類
2ヶ月 健康診断受診
3ヶ月 NZ下見旅行
・2社からJob Offerをもらう。
4.5ヶ月 1社にJob Offerを付けて本申請を北京ブランチに提出
・数日後、北京で受理。NZISのステイタス「Application Received」。
6ヶ月 夫の健康診断の肝機能でひっかかる
すぐに再検査し、異状ない旨を北京に送付
7ヶ月 ・本申請で付けたJob Offerの雇用主とNZISとの間で、追加書類の行き違い等うまく進まず激しくイライラ
・北京ブランチに催促すると「今週中にレターを出す」と返事。
8ヶ月 ・Job Offerを「認められない 」という最悪レターが届く。
・却下されて激しく落ち込む
・本申請そのものはまだ有効
9ヶ月 「来月面接」と北京から連絡
10ヶ月 北京面接
・担当官から結果は1ヶ月以内に出すと言われる
1年2ヶ月 ・待てど暮らせど北京からの連絡は来ない
・そうこうしている間になぜかカナダの話が進む
1年8ヶ月 「Approved in principle」というレターをカナダで受理
・北京面接の結果、Job Offerなしでも永住権を出すとのこと。
2年2ヶ月

パスポートとMigrant Levyを北京に送付
・北京の計算ミスでMigrant Levyが足りないため、1週間後に追加送付。

2年3ヶ月 永住ビザを取得
・NZISのステイタスが「Approved」に変更。
・北京からResidence Visa付きパスポートが返送。(追加送付から2週間後)
・1年以内にNZ入国すればResidence Permitとなる。
posted by conafan at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

Visa Residence, Approved!

NZ移民局の北京ブランチにパスポートとMigrant levy を送って、さらに追加で支払いをしてから2週間。

NZ_approved.gifどんなもんかなーと、NZISのサイトでステイタスを確認してみると、

Visa Residence APPROVED

と見慣れない表記に変わっていた。

おかしいな、かすんでよく見えないよ?


続きを読む
posted by conafan at 11:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

Migrant Levy

北京のNZ移民局から永住権許可のレターが届いてから早5ヶ月。
カナダに引っ越したばかりだった我が家は、とりあえず期限ぎりぎりまで処理を保留しておくことにした。

で、その期限が今月いっぱい。

必要な処理というのは、Migrant Levyとパスポートを北京の移民局に送るというものだ。

さすがに期限が迫ってきたので、これらをFedexで一式送ったのが先週。

80ドル払ったおかげで3日で北京に届いて一安心していたら、懐かしの担当官からメールが届いた。

「Migrant Levyが足りません」


続きを読む
posted by conafan at 12:51 | Comment(5) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

え、永住権!?

時差ぼけも治り、カナダでの生活も順調に2週間を過ぎようとした頃、北京のNZ移民局からのレターが実家経由で届いた。

なんと、、、

永住権を出すという内容だった。




え〜〜〜???


いま、わたしらカナダにいるんすけど〜〜〜〜〜〜〜??????





続きを読む
posted by conafan at 11:34 | Comment(10) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

Work to Residence のポリシー変更

ニュージーランド永住権本申請の書類を送ってから、かれこれ1年。。。

あんなこ〜と〜こんなこ〜と〜、と思いを馳せていると、NZISからサイトが更新されたというメールが届いた。
ログインしてみたところ、

Skilled Migrant Category Work to Residence changes

私たちがきっとすぐにもらえるはずと思っていた、Work to Residence(WTR)のポリシーに変更があったようだ。
詳細はこちら。(PDF)

続きを読む
posted by conafan at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

オークランド/バンクーバー線開設!

ニュージーランド航空が11月に「オークランド−バンクーバー」間の直行便を開設するらしい。(関連記事

jpcnnz2.gif

ニュージーランドとカナダがつながりました!
そんなに需要はあるのか。。。という気がするけど。

ともかく、私たちのために、わざわざありがとうニュージーランド航空!
posted by conafan at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

ついに来た!?

Immigration New Zealand からメールが!

件名は「Skilled Migrant Category - Expression of Interest」。

ついに来たのか、結果が!? 
しかし、今さらExpression of Interestて?

と内容を見てみると、ICT(Information Communication Technology)部門の雇用主に、ICTスキルのある永住権申請者を紹介するサービスをニュージーランド移民局が試験的に始めたというお知らせだった。
このサービスを希望する人は、データベースに登録しておくので連絡してね、ということ。

なーんだ。

続きを読む
posted by conafan at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

待っててニュージーランド!

我が家はいずこに行くことにしようかと、ここ1ヶ月余り飲んだくれながら悩みに悩んだ結果発表。

じゃ〜ん!

「カナダ経由でニュージーランド」

そう、「某国某都市」というのは、カナダの首都オタワでした。
で、イメージとしてはこんな感じ。

jpcnnz.gif

遠っっ!!

続きを読む
posted by conafan at 12:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

我が家はいずこへ

なんだかおかしなことになってきた。
というか、おかしなことにしてしまった。

北京面接の結果がもらえないまま年を越すことになりそうだが、今改めて「何のために移住するのか」ということを考えている。

私たちが移住したい理由は、生活環境(住宅や気候)・教育・仕事の3点において自分たちなりにより良いと思える場所に住みたいということだ。
そして、住みたいところを選べるようになりたいのだ。

これは東京とオークランドの毎月の最高気温のプロット。比較のため、南半球にあるオークランドに関しては半年ずらしてある。 
temp.gif
うーん、さすがオークランド、マイルドだわ。
そして東京はやっぱりあっついなぁ。

続きを読む
posted by conafan at 11:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

北京行ってきた

20060918172523.jpg面接に呼ばれたので、北京に行ってきた。
たった1時間の面接のため、しぶしぶ3泊4日のツアーだ。

急に暑さが戻ったという北京は、話に聞いていた通りのひどい空気ですぐに喉が痛くなった。
これで観光には一番いいシーズンらしいけど、黄砂のときはどんな具合なんだろう。
娘たちを実家に預けてきてよかった。。。

で、技能移民としての素質を査定するという面接は、本申請で提示した内容の再確認という感じだった。

具体的な質問内容は以下の通り。

続きを読む
posted by conafan at 12:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

北京面接

北京の担当官から昨日メールがあり、来月面接しますとのこと。
1ヶ月もないじゃないですか。
今までは待ってばかりだったのに、こういうときこそ余裕をもってスケジューリングしてほしいんだけどなぁ。
私たちはJob offer が却下されたという曰く付きだから、仕方ないか。

早速、北京へのツアーを確認。

3日間だけなのに、7万円以上!

正直、個人的に中国は旅行先としてあまり魅力を感じないので、出張費を全額自己負担という感覚だ。
しかし、今のところ、北京はニュージーランド移住への唯一のパスなのだ。
行かなければならない。

で、安い順に旅行代理店に問い合わせしてみた。

続きを読む
posted by conafan at 21:36 | Comment(14) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

北京へ

本申請に付けた job offer が認められなかった場合、私たちの申請そのものはどうなってしまうのかというのが、私の動悸の原因だった。

で、素直に北京に問い合わせてみた。

  Your application is still under processing.
  We are going to arrange an interview with you and your partner...


良かった〜。

続きを読む
posted by conafan at 11:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

いやはや

今回の最悪レターは、ボディブローのように効いている。

とにかく私たちが甘かった、ということに尽きるのだけど。。。

あと数ヶ月の辛抱と思って引越先を決めたことや
長女のおゆうぎ会までには幼稚園をやめて移住できるはず、とか、
星にもDr.コパにも願かけたこととか
ケチャップを新しく買うときですら、移住までに使い切れないといけないから最小サイズにしとこう、とかさ。

ずっと夢のように思っていたNZ移住が、何だか勝手に現実になると錯覚しちゃってたのだから、イタイというしかない。

実家の父母が、のんびりやればいいんじゃない?と言ってくれるのが、まったくその通りで返す言葉もありません。
最悪レターをもらって以来、定常的に動悸が高ぶっている状態を、まずは脱したい。
posted by conafan at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

最悪レター

this week」も何事もなく終わるのかと思っていたら、担当官からメールが届いた。
あら、ちゃんと残業してるのね〜と添付ファイルを開いたところ、

...we are not satisfied that the job offer that has been offered to you can be regarded as either genuine or sustainable...
え?
posted by conafan at 21:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

何のお手紙っ!?

あれこれ考えるのはやめよう、とか言っておきながら、実は

「永住権のほうどんなもんでしょーか?」

と北京にメールしちった。
ええ、もう限界なので。


そしたら早速返事が。

   I will write you a letter in this week.

な、な、な、なんのお手紙をいただけるのでしょーかっ?

面と向かって言われてたら、相手の両肩つかんで詰め寄ってたことは間違いない。

永住権へのご招待か、
北京面接へのご招待か、
おとなしく日本にいとけという最終通達か。。。

なんのお手紙なんでしょーーーーーーかっっっ!
posted by conafan at 19:24 | Comment(4) | TrackBack(1) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。