2006年06月04日

ルールですから

「個」を見つめるダイアローグ引越ダンボールもだいぶ片付いてきたので、『「個」を見つめるダイアローグ』を読んだ。
私たちが日頃奇妙に感じてしまう感覚は、ある種の人とは共有し得るものなんだなーと力強く思えて、嬉しくなった。

いい気分になってまた仕事してたら長女が退屈がるので、一緒に庭の手入れをすることにした。

伸び放題の庭の草を引っこ抜いてたら、昨日の「玉ねぎ事件」を思い出して、またイヤな気分になった。

続きを読む
posted by conafan at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

熱くなりついでに

出生率が1.25を下回ったらしい。
何年か前に「今後は出生率が回復する見通し」という発表があって、さっぱり論拠がわからなかったが、やっぱり回復するどころか年々悪くなっている。楽観的な予想値をもとに年金制度の議論をしてたのは、確信犯だったのだろうか。

ちょっと前に、「少子化対策委員会」的なところで、男性を家庭に帰そうという試みとして、「家族の誕生日に休日をとれる制度」なるものが提案されたというニュースを聞いた。その後どうなったのか知らないけど、聞いたときは腰が砕けそうになった。

そんな休日作ったって、子どもは増えませんから。

続きを読む
posted by conafan at 14:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

ほぼ母の会

長女の幼稚園の父母の会から、「お手伝い担当の行事」の通知が来た。
私は「おゆうぎ会」のお手伝いをしなきゃいけないらしい。
先に第3希望まで提出したとき、できるだけ日程の遅いものを選んだのだが、「おゆうぎ会」は12月。

12月までに幼稚園も退園させて、NZに行けるのだろうか?
続きを読む
posted by conafan at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

主婦の工数

アメリカ赴任以降、今まで住んだ家4件にはすべてビルドインで食器洗い機が付いていたので、もう4年以上まともに食器を手洗いしてこなかった。食器を拭くのも。
が、新しい住まいには、食器洗い機がない。
引越で梱包したので全ての食器を洗ったのだけど、もちろん手洗い。すげー疲れた。

続きを読む
posted by conafan at 10:44 | Comment(3) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

ぜーぜー言ってますが

仕事を片付けてしまおう、と思ってるけど、全然片付かない。
ご近所さんたちが心配してくれて、
「今週末引越しなんでしょ? もう片付いた?」
と言ってくれるけど、週末に捨てまくったきり、具体的な進捗はない。ダンボールは平積みされたまんま。。。

タイミング悪く明後日の金曜は長女の幼稚園の「親子」遠足が入ってる。
1日潰れるじゃん。
続きを読む
posted by conafan at 23:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

捨てまくり

ダンボールや梱包材が届き、いよいよ引越準備。

今回は今までのようにただモノを移動するのではなく、NZに持っていくかどうか、という観点で荷物の整理をすることにしたので、ひとつひとつ処遇をちゃんと考えなきゃいけない。

スキー用品・・・5年は使ってない。
テニスとスカッシュのラケット・・・5年は使ってない。
陶芸用ろくろ・・・2年以上使ってない。
ゴルフセット・・・とりあえず1セット分でいいんじゃない?
靴・・・ヒールの高いのは何年も履いてないぞ。

今後いつ使うかわからないものは、もったいないけど、全部捨てた。
こうしてみると、要らないモノをたくさん抱えてたんだなぁとよくわかる。
さらには、わざわざ太平洋を往復させて運んでたわけだ。
自費だったらあり得ない。

年賀状も何年分かとってあったけど捨てた。ここ数年はもらうばっかりで、人間関係もだいぶ整理されてきたし。必要なのはメールアドレスだし。

あとは家具と服と子ども用品と本を整理すれば、かなり身軽になるかも。
posted by conafan at 10:45 | Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

ドル安はどこまで〜

米ドルは110円台、NZドルは68円台まで下がっている。

田中宇の記事によると、「4月下旬のG7とIMFの会議で「ドルはもうダメだ」というメッセージが発せられた」らしい。
アジア諸国が、このような従来の「ドルこそ命」の態度をやめて、ドルを見捨てることを意味するアジア通貨単位の活用を、ASEAN+3という多国間で決定し、表明したのは、もはやアジア諸国がドルを買い支えても、ドルの急落は避けられない情勢になったとアジア諸国が総意として判断したからに違いない。
アジア諸国の政府は、崖っぷちまで「ドルこそ命」の態度を続けたいはずだ。つまり、もう、崖っぷちが見えてきたのである。このような理由で、私は、今後1−2年の間に、アメリカ発の世界不況が起きる可能性が高いと現時点で予測している。

この人は前々からアメリカの弱体化を様々な側面から予測していて、それなりに納得してたわけだから、さっさと売っておけばよかったのだが。アメリカに赴任したときは130円くらいだったので、つい円安を望んでしまう。
一方、NZドルに対して円高が進むなら短絡的には嬉しいけど、円が米ドルにつられてガタガタになったら?

うーむ。。。そんなの素人にわかるわけない。
なんだか知らないけど上がってる株をとりあえず売っておこうかなー。
posted by conafan at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

不毛な引越

長女は幼稚園から帰るとすぐ、近所の子どもたちと遊びに出かける。
買い物に行ってる間はお隣で預かってくれるし、通園バスの迎えのときも、ちょっと間に合わないと近所の人が預かってくれたり。

子どもがいるのといないのでは、コミュニティとの関わり方が違ってくると思う。
特に、こう変態だらけの世の中では、地域で助け合う必要性は高い。

この町にたった1年住んだだけだが、子どものおかげもあって、多少なりともコミュニティの有り難味がわかった気がする。
今度引越したら、それもまたイチから作り直しだ。
とは言っても、引越先でもきっと数ヶ月しか住まないはずだから、積極的に関わるべくもなく。
長女も、もうお隣の子どもたちと遊ぶことはなくなるだろう。

子どもが大きくなると、引越せなくなるというのもよくわかる。
不毛な引越はもう最後にしたい。いやほんとに。
posted by conafan at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

うますぎ

20060417_50.jpgニュージーランドで食べたサンドイッチのパンの味が忘れられず、グラハム粉を買って焼いたのだが、これがまじでうまい。
この焼きたてのクラストのために、パンを焼き続けていると言っても過言ではないのだけど、私ってば天才!?と言いたくなるようなうまさ。

次女に引き続いて、夫も発熱・下痢でダウン。
この家の空気が、本当に私たちに合ってない気がする。早く引越すべきなのだが。

私は「トムヤムビーフン」を夜食に、発酵バター入りのロールパンを5本目のビールで発酵待ち。
あまりの辛さに、咳き込んでしまった。
が、うまい。
ロトルアのタイ料理レストランも、ちゃんと辛くておいしかったなぁ。

今後の契約更新について、メールが来た。
今までは更新時期すら忘れていたのに、更新前に確認してくるあたり、だいぶシブチンになってきているということか。

いろいろな場面で、選択を迫られているけども、贅沢な悩みなのは確か。
posted by conafan at 22:30 | Comment(6) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

久しぶりにいいモノ

HDR-HC3.jpg次女が熱を出したので、テレビを見ながらぼ〜っと過ごしたかったのだが、見たいテレビ番組が全然ない。

仕方がないので、HDR-HC3で撮ったNZ旅行の映像を見た。

きれいすぎ。

今までの映像は何だったのでしょう?
プロジェクターで見ても、草や砂の質感が手に取るようにわかる。

なんか、みんないい顔してるしなぁ。

あぁ、早くニュージーランドに行きたい。
また涙出そう。
posted by conafan at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

運転免許証の更新へ

私の運転免許証の更新と、国際免許証の申請のため、
また一家で早起きして二俣川の運転免許試験場に行って来た。

何度来ても、相変わらずなバッチ処理っぷり。
前回、大阪・門真の試験場に行ったときも、真新しいビルにもかかわらず、
システムは二俣川と同じだった。
あの古びた事務服を着た人たちの雇用を守るためなのか。

前回の更新時はアメリカにいてやむなく失効後手続きしたので、
せっかくのゴールド免許が初心者扱いになってしまった。
(これも納得いかないのだけど)
で、今回は「初回更新者」として2時間の講習を受けることに。
なので、一家で出向いたわけだ。

この講習で見た安全教育ビデオ、

「ママ、帰ってこないの」

には泣けた。
続きを読む
posted by conafan at 03:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

本当に今週末から

ニュージーランドに行くのだろうか。。。?

運良くというか、タイミング悪くというか、
次女が4月から保育園に入れることになったので、
昨日は説明会に行ってきた。
やはり、紙に書いてあることを読み上げるだけの説明の後、
個人面談というので順番を待つこと1時間。
私は5分足らずで終了したのだが、みんな20分以上も何を話していたんだろう。

続きを読む
posted by conafan at 22:43 | Comment(12) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

近い!


Which country should you REALLY be living in?

Australia

G'day Mate! You're a yokker. A true Aussie. You love the beach and barbies. Life couldn't get any simpler, and thats the way it should be. C'mon Aussie, C'mon!

Personality Test Results

Click Here to Take This Quiz
Brought to you by YouThink.com quizzes and personality tests.


posted by conafan at 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

引越人生

結婚して5年ちょっと。
この間の引越は、

 ・アメリカへ赴任(長女6ヶ月)
 ・半年後、いい家を見つけて衝動的に引越
 ・アメリカから帰任(同時に妊娠発覚)
 ・半年後、東京から神奈川へ引越(産後2週間)

同じところに2年も留まった験しがない。
今回は1年ちょっとか。

そしてまた、引越を余儀なくさせられている。
しかも、こんな花粉が舞い飛ぶ時期に。
まぁ、近場で引っ越す分、子どもの預け先を探す必要もないし、
いろいろ勝手が分かってていいんだけど。

でももうこれっきりにしたい。まじで。
posted by conafan at 22:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

本物の家

「ニュージーランドのナチュラルライフ」

という記事があったので、
夫が買ってきてくれた雑誌。

こういうところで取り上げられているような人たちは、
さすがに家への思い入れが半端じゃない。

自分で家を建てるとしたら、それはもうすごい気合が入るだろうし、家を作り上げる数々の作業が楽しいに違いないと想像がつく。

でもやっぱり、「海外編」と紹介されている家々は、
内装から周囲の風景との調和まで、本物なんだな〜と思う。
電柱とかベランダの布団とかないもんね。

続きを読む
posted by conafan at 10:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

酔っぱらってますが

人生における転機とは何だろう。
もともと情緒不安定気味な私が、涙が止まらないのは、花粉症のせいなのか、
あるいは、私たちがこの転機にあるからかもしれない。


続きを読む
posted by conafan at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ウェブ進化論 その2

歩くのが嬉しくて仕方ない次女に付き合っていたら、腰が痛くなったので、
おとなしくして「ウェブ進化論」を読み終えた。

「お互いに理解しあうことのない二つの別世界」を架橋するため、と書いてあったが、
個人的には、よく分かって面白かった。

そして、周囲に失望感を持ったまま生活を続けるのは、
やっぱり止めなければと思った。

続きを読む
posted by conafan at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

人と同じではだめ

SOTOKOTO (ソトコト) 03月号 [雑誌]1年前にも「ニュージーランド移住計画」を特集していたらしいので、買ってみた。

ニュージーランドの小学校では入学式も教科書もないということは、何かで読んで知っていたが、改めて読んでみてまた妄信。



教育はその国の縮図。
大人が幸せに生きている姿を子どもたちに見せることこそ一番の教育ではないか。
子どもたちはそれを観て、「幸福」とは何かを知る。
「遊ぶ」「経験する」「考える」。
知識を教える前に身に付けるべき教育が、この国では実践されている。

続きを読む
posted by conafan at 17:33 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

ウェブ進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる「ウェブ進化論」(梅田望夫著)が届いた。
第一章をチラっと読んだだけだが、できるだけ丁寧に説明しようとされているのがよくわかった。
実際、とてもわかりやすいし、納得できる気がした。

でも、「ネットなんて」と思っている層には、伝わらないんじゃないかなぁ。
「Googleなんて、バブルでしょ」
と言い捨てる人は、そこで思考停止してるわけだし。
続きを読む
posted by conafan at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 コレクターズ・エディションやっと観た。

ニュージーランドがロケ地であることは有名な話だが、
羊は一匹も出てこなかった。
NZにはあんな活火山あるんですかー?

というか、何回かに分けて観たので、
いまいち感情移入まで至らず。

何でもそうだけど、映画も集中して観たいもんだ。
posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。