2008年04月01日

小学校からのレポート2

長女が小学校からまたレポートをもらってきた。2学期の通信簿だ。
前回から約3ヶ月分の成果が見て取れた。
フランス語と「Visual Arts(美術?)」で特にいい評価をもらっていたのは驚いた。

今回嬉しかったのは、学習能力の「Independent work」というところで、「Excellent」の評価をもらってきたことだ。
She always approaches new learning situations with confidence.
She uses most resources to gather information and solve problems.
She regularly asks questions to clarify meaning and ensure understanding.
今までは家でも「わからなーい!」「できなーい!」「一緒にやって!」ということが多くて、independentとは程遠い感じだったのだけど、最近は一人で部屋にこもって何か作ったりできるようになってきたな〜と思っていたところだったのだ。
これが学校の指導のおかげなのか、たまたまそういう一人学習ができる年齢になったのかはわからないけど、とにかく、自分でやってみようという気が家でも学校でも出てきたのはいいことだ。

そして今回もまた、このレポートをもとに先生と面談があった。
前回はボキャブラリーを増やすようにと言われたけど、その点はそれなりに上達しているようだ。
今度は英文をきちんと作れるように、というアドバイスをもらった。やっぱり、動詞が日本語のように最後に行ってしまったりするらしい。
他には何も気になるところはないし、よくがんばってますよと言ってもらえて、
「ちょっと時間が押しているので、他になければこのへんで」
と言われるというのは、まぁまぁ安心してもいいことなんだろうな。

そして週末ケベック側のお店に行ったときに、店員さんにフランス語で話しかけられて得意気に応えている長女を見て、「すげぇ!」と思ってしまった。
こちらの人は、日本人でも英語はもちろん、フランス語も普通にできる人がいるので、自分の言語能力の低さを認識せずにはいられないのだ。
まずは英語のボキャブラリーを増やすところからコツコツがんばろう。(涙)
posted by conafan at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナダの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。