2008年02月09日

NZ永住権への道程

これまでの話を一旦まとめ。
時間軸はEOI提出を基準にしてます。

3ヶ月前 ・IELTS受験(
NZQAレポート申請(NZQAリストにない学校の場合)
・無犯罪証明の申請(過去10年間に半年以上居住した国)
0 オンラインでEOI提出
0.5ヶ月 EOIセレクション通過
1ヶ月 Invitation to Apply for Residence (本申請許可)のレターが届く
本申請に必要な書類
2ヶ月 健康診断受診
3ヶ月 NZ下見旅行
・2社からJob Offerをもらう。
4.5ヶ月 1社にJob Offerを付けて本申請を北京ブランチに提出
・数日後、北京で受理。NZISのステイタス「Application Received」。
6ヶ月 夫の健康診断の肝機能でひっかかる
すぐに再検査し、異状ない旨を北京に送付
7ヶ月 ・本申請で付けたJob Offerの雇用主とNZISとの間で、追加書類の行き違い等うまく進まず激しくイライラ
・北京ブランチに催促すると「今週中にレターを出す」と返事。
8ヶ月 ・Job Offerを「認められない 」という最悪レターが届く。
・却下されて激しく落ち込む
・本申請そのものはまだ有効
9ヶ月 「来月面接」と北京から連絡
10ヶ月 北京面接
・担当官から結果は1ヶ月以内に出すと言われる
1年2ヶ月 ・待てど暮らせど北京からの連絡は来ない
・そうこうしている間になぜかカナダの話が進む
1年8ヶ月 「Approved in principle」というレターをカナダで受理
・北京面接の結果、Job Offerなしでも永住権を出すとのこと。
2年2ヶ月

パスポートとMigrant Levyを北京に送付
・北京の計算ミスでMigrant Levyが足りないため、1週間後に追加送付。

2年3ヶ月 永住ビザを取得
・NZISのステイタスが「Approved」に変更。
・北京からResidence Visa付きパスポートが返送。(追加送付から2週間後)
・1年以内にNZ入国すればResidence Permitとなる。
posted by conafan at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうやって列記してみると大変な作業でしたよね。 我が家も2年以上かかりました。 本当に長かった(笑)でも永住権はその国に永遠に住める権利ですから、改めて考えると苦労のうちに入ってないか。。。とビーチに沈む素晴らしい夕日を見て思うこの頃でした。
Posted by ま〜ちゃん at 2008年02月12日 03:51
ええ、本当に長かったですよね。7〜8ヶ月あたりが一番ツラかったですが、その後は待つのもすっかり麻痺して、気づけばカナダに来てしまったんだよなぁ。。。と吹雪いてるゴルフ場を見て思う今日この頃です。(笑)
この2年余り、ま〜ちゃんさんにはその都度助けられ励まされ、、、(感涙)
カナダからきっちりNZにつないでいくので、待っててくださいね〜。
Posted by conafan at 2008年02月12日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。