2005年10月10日

IELTS 模試をやってみた


長女の幼稚園の運動会も終わり、富山の両親も帰っていったので、そろそろちゃんと試験勉強を始めることにした。


で、「Prepare For IELTS」という問題集をやってみた。
これには模試が5セット入っている。ブリティッシュカウンシルから取り寄せたものだ。
今日は Listening と Reading の1回目を時間はかってやってみたら、どっちも正答率90%だった。
いいセンいってるのか?
それにしても、今回の訪問では、富山の父が私たちの移住に賛同していないことがはっきりした。
賛同できない理由は、
・英語ができないとおもしろくない国だ。(できればいいんでしょ)
・移住しても失敗して1年半くらいで帰って来た人をテレビで見た。(成功した人もいるでしょ?)
・ビジネスやるには不便だ。(ネットがあればいいんだけど)
・辺鄙すぎる。(富山もね)
・まずは香港で始めたらいい。(は?)

と、はっきり言って無茶苦茶。私も話してるうちに反論する気も失せてしまった。
でもまぁ、あれだけしつこく話題にしてたところを見ると、娘家族が自分の知らないところに行くのが本当に嫌なのだろう。
ある意味、素直な反応だ。
正面切って反対されたのは初めてだなぁ。
他人は単に「いいね〜」と言ってくれるだけだし。


私たちがやろうとしていることを、富山しか知らない父に理解してもらうのは、おそらく無理だろう。
これはもう、成功したところを見てもらうしかない。たぶん。
そのためにまずは英語ですなぁ。
posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IELTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。