2007年09月05日

そして二日目

長女のハイテンションは今朝もそのままで、自分でバックパックにお弁当を入れて準備万端だった。
でも、今日から日本出張の夫に、
「父さんはいいな〜、私も日本の幼稚園に行きたいな〜」
と言っていた。これも本心なんだろうなぁ。

初めてのバス登校ということで、一家総出でバス乗り場まで見送りに行った。
20070906_20.jpg
同じ乗り場の5年生のSちゃんは、とても親切な心優しいお姉ちゃんで、
「良かったら、バスで一緒に座ってあげるわ」
と申し出てくれた。(すごく早口でいっぱいしゃべるので、ちゃんと聞き取れないのが情けないのだけど。。。)

Sちゃんのおかげで、長女は笑って手を振って去っていった。
それを見た夫も安心して日本に旅立って行った。(台風で成田に着けるかどうかという不安はあるけど)


で、帰りはというと、これまた笑顔で元気にバスから降りてきた。
「彼女、靴の履き替えでちょっと戸惑ってたけど、教えてあげたらちゃんとできてたよ。Hopscotchでも遊んでたよ!」
と、Sちゃんが早口で教えてくれた。
「え、スコッチ?なに?(酒か?)」
と聞くと、どうもケンケンパみたいな遊びらしい。
「石蹴りもしたよ!」
と長女も教えてくれた。

そして、Sちゃんはさらに、
「今日はYesとNoとHigh Fiveを覚えたんだよ!」
と言って、長女と手をパンと合わせていた。
なんとまぁ。。。北米のノリですか、これは。
まぁ、長女もアメリカでプレスクールに通っていた頃は、一応「High Five!」ってやってたから、潜在的にこの種のノリは残っているのかも。
でも、頼りになるSちゃんがいてくれて良かったね。本当に心強いよ。

今日はお弁当も完食したし、トイレに行きたいと手をあげて言えたし、bigとsmallも絵本で覚えたし、と何だかますます自信をつけたようだった。
「学校楽しい?」と聞くと、「うん! 友達も3人できたよ!」と嬉しそうだった。

私も正直、二日でここまでいくとは予想してなかった。
Sちゃんだけでなく、ご近所の人たちがみんな普通にものすごく親切なのが、本当にありがたい。
というか、「なんでそこまで!?」と戸惑ってしまう自分が情けないくらいだわ。
posted by conafan at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | カナダの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、ねこばす!かと思っちゃった。かわいい〜!映画に出てくるバスみたい。お嬢さん方、やっぱり順応が早いですね。ママも頑張れ!
Posted by kuma at 2007年09月06日 18:41
子供も子供の世界があって一生懸命に溶け込もうがんばろうっとする姿は涙ものです。
それを見てまた親も勇気がもらえるような気もします。
conafanさんのお子さんたちの様子をブログで読んで本当にがんばっているんだな!ってしみじみ感じてしまいました。
子供から力を抜き取られるときもあるけど力をもらうときもたくさんあるな・・
今日も一日がんばろう!っという気にさせてくれました!!ありがとう!!conafanさんの娘さんたち!!
Posted by かりばな at 2007年09月07日 09:38
kumaさん、あー、確かに猫バス!
トトロ大好きな娘たちなので、違和感なかったのかもしれないですね。

かりばなさん、私はいつも抜き取られっぱなしです。。。(笑)
長女が学校に楽しく行けるのは、周りの人たちのおかげだなぁと強く感じます。本当にみんな優しく受け入れてくれるので、こういう環境だったら誰でも自信を持った優しい大人になれるような気がします。心が洗われる毎日です。
Posted by conafan at 2007年09月07日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。