2007年07月03日

依然弱弱

長女が幼稚園のクラスメートに手紙を書いている。
一人に一通ずつ、30人分くらい書くつもりらしい。
いつもいっしょにあそんでくれてありがとう。
カナダにいってもがんばるね。
○○ちゃんもげんきでね。

くらいの短いものだけど、何度も書き直しながら、さらに折り紙で金魚まで作っている姿を見ると、弱弱な私はめちゃくちゃ切なくなるのだ。

今ある平穏な環境をわざわざ切り捨てて、子どもにもすごい負担を強いようとしている。
そして、その結果得られるものがいいものなのか、悪いものなのか、実は確信がない。

とかまたぐるぐるチキン思考に陥って涙目になっていたのを、目ざとく見つけた長女に、
「あー、また泣きそうになってたでしょー」
とニヤニヤしながら指摘された。

だってぇぇ。。。

「だからー、カナダでまた友達つくるって。こないだもそう言ったでしょー。」
と5歳児にも呆れられてしまった。
はい、すんません、いつまでもうざったいことを言ってると自分でも思います。

でもねぇ、引越の細々したことやカナダでの生活立ち上げのことを考えると、

うーーーー何を好き好んでこんなめんどくさいことをやっとるのだーーーー

という思いがつい湧き起こってくるのよ。
いやいやいや、せっかく自分たちでやりたいと思った方向に話が進んでいるのに、そんなこと言い出したらバチが当たるわ。
それはわかっているのだけど、私一人がなかなかチキン思考から脱却できないのはどうしたもんかなぁ。
自分で不安のネタ探しをしているようなもんだ。。

夫にも「普通逆だろ?」と言われたけど、その通りだなぁ。
本来ならきっと不安がる子どもを、親がしっかりサポートしてあげなきゃいかんのだ。

今はなぜか強気発言の長女が、もしかしてカナダで弱気になってしまったときには、今度は私が元気付けてあげれたらいいなぁ。

一緒に泣いちゃったらごめん。
posted by conafan at 22:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
conafanさん、こんばんわ。現在読んでいる世界のベストセラーの言葉です。既にご存知かも知れませんが。。私はこれを冷蔵庫の前に張っているんです。子育て悪戦苦闘の私にとって目が痛い言葉ばかりです(汗)。読んで親が落ち込んでしまったら意味がありません。イライラしたり不安に思った時に一度深呼吸して読んでみてください。自分でもびっくりするほどポジティブな言葉選びができますよ。(旦那に対しても、ね!)
http://www.sunlotus.org/myo/myo01.html
Posted by kuma at 2007年07月04日 19:54
kumaさん、こんなウジウジな私に、いつもありがとうございます。
教えていただいた「魔法の言葉」、本当に胸が痛くなりますわ。。。(笑)
こんな育て方で、娘たちが本当に「この世はいいところだ」と思ってくれるのか、そこが一番不安なところです。でも、違う人生は経験できないですからねぇ。
これからは娘たちと過ごす時間がうんと増えると思うので、「魔法の言葉」を胸に突き刺しながら(笑)楽しく過ごせたらいいなぁと思ってます。できるかな〜?
Posted by conafan at 2007年07月06日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。