2007年06月26日

ビザ待ちで引越準備は進む

スライディング・ドア人生はやり直しがきかないって、当たり前の話だね。
この「スライディング・ドア」という映画を見たのはずいぶん昔だけど、最近時々思い出す。
「人生に『もしも』があったら」とかそんなコピーだったような。

ええ、相変わらずグジグジしてるから、そんなことを考えてしまうわけだけど。
まぁ、この映画はほんの一瞬の不可抗力的な出来事で、人生が大きく変わってしまうという話だったので、私のように自分たちで決めたことを後になってグジグジしているのとはワケが違うわな。

いつまでもグジグジしてもいられないので、とりあえず決め打ちで、できることから準備を進めている。
エアコンの取り外しから不用品の解体処分、リサイクル業者の見積り等々、地味だけど放っておくわけにはいかんしなー。

昨日はガソリンスタンドで洗車してもらった。
3年乗ってる車だけど、洗車するのは3回目くらいか?
初めて自分で買った車には、自分でワックスまでかけていたのに(ヘタクソで余計汚くなったけど)、今は車にそういう愛着はまったくない。買った時だって、一番納車の早いやつってことで決めたからなー。

で、今回わざわざ洗車したのは、売却用の査定のためだ。
汚れだかキズだかわからないよりは、洗っておいたほうが多少はいいかなと思って。

査定に来てくれた業者は、
「ご主人とご家族が同時に渡航されるのですか〜。海外赴任では珍しいですね!」
と言っていた。
海外赴任じゃないんだけどね。


その後は生協にも転居のため退会すると言ったら、「どちらに?(転居先でも生協を!)」と聞かれたので、「海外です」と答えたところ、配達のお兄ちゃんは大袈裟に驚いておられた。
「海外赴任なんて、出世コースまっしぐらじゃないですか!」
あ〜かつてはそんなこともあったそうですね。海外赴任したら家が建つとかさ。
って、赴任じゃなくて、転職なんすけどね、実際。

こんな調子で地味ながらもひとつひとつ引越準備を進めていると、グジグジ気分は多少薄れるもんだなー。

とか言いつつ、やっぱり「どっちがいいんだろう」と今更な疑問が頭の中をぐるぐるしてしまうのだけど。
人生やり直しはきかないのだから、結局わからないのにね。
「いま止めたら絶対後悔する」
となぜか夫は断言しているけど、私の場合、何やったって後悔してしまいそうなのが一番イヤだー。
posted by conafan at 12:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜、conafanさんがご夫婦を含めた10名くらいのグループでCDデビューするイベントに参加した



という夢を見ました。
CD発売の際は、3枚(試聴用、保存用、観賞用)購入しますので、是非連絡を。
何も力になれないかもしれないけど、見守ってるよ。(あ、プレッシャー?)
Posted by zaemont at 2007年06月26日 23:45
10人も友達いないので、そのときは間違いなくzaemontさんもメンバー入りです。

いずれ案外近くから転居のお知らせハガキが届くかもしれないですが、それはそれでよろしくお願いします。
Posted by conafan at 2007年06月27日 10:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。