2007年06月12日

カナダの郵便事情

郵便局の不手際で、Work Permit 申請用の書類がカナダの弁護士の元に届くのに結局10日かかった。
それでもまぁ、あとはチェックしてサインして大使館に送ってもらうだけだわー、と安心しきっていたら、Family Information の書類が足りないことが判明。
つーか、気付いたのは私なんだけど。

弁護士に確認したら、「あーそうそう、それも送ってね♪」くらいの軽い返事だったので、またまた不安になりつつも書類をすぐに準備し、今度は東京中央郵便局から発送してもらった。
さすがに田舎の弱小郵便局とは違い、国際郵便専用の窓口があって、扱いも慣れている感じ。
後で追跡サービスで検索すると、その日のうちに日本から発送されていいた。
ふー、一安心。

前回は日本発送の翌日にカナダに着いていたので、これで今週中には書類を揃えて大使館に送ってもらえるはず!

しかし、4日後に再度検索しても日本を発送したっきり変化なし。


がっでーむ。

来月末に移住予定の身としては、もう1日たりとも無駄にしたくないんだけど。
だって、Work Permit の申請処理には3〜4週間かかるって大使館のサイトには書いてあったし。。。

と、不安神経症に陥っている私とは違って、夫は至って平静だ。
弁護士に問い合わせてもらったら、
「まぁ間に合うでしょう。万が一間に合わなくても、ビジターとして入って、permit が出てから一旦アメリカに出て再入国すればオッケーだからさ」
と暢気な返事だったそうだ。
というわけで、焦ってるのは私一人。。。

アメリカから再入国って・・・えー・・・というのもあるけど、とにかくWork Permit なしで引越すなんてヤダよー。
と引き続きイライラしていたら、追加書類がやっとカナダに着いたらしい。

ちょっと調べてみると、カナダの通関はどうやらかなり厳しいそうだ。テロ対策ってことらしいけど、引越荷物の通関にも本人が立ち会わないといけないというのも、同じ理由かな。
そして国内郵便も遅いんだって。
医療や福祉に国税が充てられているから、郵便にまで十分にコストが割けないという話もあった。

そもそも、こういう至らないサービスでイライラしてちゃぁ、日本以外の国ではやっていけないんだよね。
移住できたらあとは穏やか〜な気分で何でも笑顔で受け入れますので(ほんとか?)、とにかく今はちゃちゃっと済ませたいっす。
posted by conafan at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。