2007年05月14日

長女の英会話スクール

先週からやっと、長女を英会話スクールに通わせることにした。
大手の英会話スクールの幼児クラスを見学してみたけど、いまいち意味ないような気がして先送りになってたのだ。
で、たまたま見つけた個人スクールに行ってみたら、少人数でなかなか良かった。

そこの先生は、なんとカナダ人。
この夏カナダに引越すというと、入会金は免除してくれた。(もともとあってないようなものだろうけど)
そして、クリスマス休暇で訪れたというオタワの写真を見せて、
「オタワはすごく寒いよ〜〜〜」
とご丁寧にも教えてくれた。

3ヶ月しかないので、ひとまずひとつ上の小学生クラスから始めることにした。個人でやってる分、いろいろと融通が利くのがありがたい。
しかも、幼児クラスのお母さんを対象にしたクラスを、6回無料で受けれるらしい。
昨今の英会話スクールにとっては、やっぱり幼児クラスが重要なんだなぁ。

ということで、早速1回目のクラスに参加してきた。無料なんで。

参加者は私を入れて3人だけ。
このクラスは子どもが小学校や幼稚園に行ってる間に、母親だけで受けることができるのだけど、私以外の二人は、1歳とか2歳くらいの下の子を連れての受講だった。

私も長女が1歳になる前にプライベートレッスンを受けたことがあるけど、私にとっては子連れ英会話というのは本当にしんどかった。
ただでさえ英語ができないのに、子どもに気をとられて会話に集中できないのだ。毎回汗びっしょりになってたっけ。

今回のお母さん方も、やっぱり下の子のコントロールに苦労しつつレッスンを受けていた。
私のように、赴任とか移住とかで英語が必要というモチベーションがあるならともかく、小さい子どもを抱えてレッスンを受けようという熱心さには感心するなぁ。
それだけ子どもへの英語熱が高いということなのかな。

実際、この母親向けクラスの目的は、子どもがレッスンで習ったことを家でも母親と復習できるように、というものだ。
なので、レッスンは「Hello」から始まった。。。
中には天候の決まり文句などもあって、「It's freezing.」のところでは、「オタワではよく使うと思うよ」と先生がわざわざ教えてくれたり。そうね〜凍てつく街なのね〜。

そんなわけで、先生も熱心にやってくれるし、長女もとりあえず楽しそうでよかった。
もっと早く見つけてやれなかったのが残念だけど、3ヶ月で少しでも助けになるといいなぁ。
posted by conafan at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。