2007年04月12日

Work to Residence のポリシー変更

ニュージーランド永住権本申請の書類を送ってから、かれこれ1年。。。

あんなこ〜と〜こんなこ〜と〜、と思いを馳せていると、NZISからサイトが更新されたというメールが届いた。
ログインしてみたところ、

Skilled Migrant Category Work to Residence changes

私たちがきっとすぐにもらえるはずと思っていた、Work to Residence(WTR)のポリシーに変更があったようだ。
詳細はこちら。(PDF)

今回の変更点としては、WTRの有効期限が現行6ヶ月から9ヶ月に延長されるということらしい。
この有効期限はもともと2年間だったものが、2005年12月21日に6ヶ月まで大幅に短縮された経緯がある。
WTRビザをもらって異国で職探しをするには、さすがに半年間は短すぎるという判断になったのかな。延長された3ヶ月間というのは、実際にNZで職探しをする上で、おそらくかなりありがたいものだと思われる。

しかし、今回のポリシー改正は4月10日以降の本申請分に適用されるそうだ。

じゃぁ2005年12月21日以降の申請で6ヶ月間のWTRしかないよ!不公平じゃん!という人はどうなるかというと、すでにニュージーランドに入国済みだったら別途申請すれば3ヶ月間延長されるらしい。

それでは、私たちのように、2005年12月21日以降に本申請をして、まだWTRもなければ、ニュージーランドに入国もしてないという場合は?は?は?
どうせまだWTR出てないんだから、9ヶ月間有効にしてくれるんでしょうねっ!

と思いきや、変更前のポリシー通り、6ヶ月間有効のWTRになるらしい。(`Д´)
で、ニュージーランドに入国してから、必要に応じて別途3ヶ月間の延長申請をしなきゃいけないとか。

うーん、いけず!
2005年12月21日〜2007年4月9日の間に本申請しちゃった人は(私らね)、やっぱりちょっと運悪かったなーという気がするけど、変更前はWTR延長の可否は担当官の裁量次第だったことを思えば、多少マシになったのかな。

まぁ、北京まで面接に行ったのに、すっかり忘れ去られてしまっていたんじゃ、どうなっても一緒だけどー。。。
posted by conafan at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。