2007年02月07日

待っててニュージーランド!

我が家はいずこに行くことにしようかと、ここ1ヶ月余り飲んだくれながら悩みに悩んだ結果発表。

じゃ〜ん!

「カナダ経由でニュージーランド」

そう、「某国某都市」というのは、カナダの首都オタワでした。
で、イメージとしてはこんな感じ。

jpcnnz.gif

遠っっ!!

ええ、「ニュージーランドに行きたいです。」と永住権目指して七転八倒してたこの2年ほどは何だったの?、と全世界1000万人の読者(うそ。二人くらい?)から激しいツッコミが入りそうだけど、自分たちなりによくよく考えた結論だ。

やっぱり、移住するに当たって、仕事ファクターは外せない。残念ながら「移住できればなんでもいい」という域には達していない。
もちろんニュージーランドの会社に対しても、夫は就職活動をしてくれたけど、現時点で仕事内容的にも条件的にも今回のカナダほど良いものはなかった。
こういうのはめぐり合わせというか、人生の転機というのはこんな感じなのかもしれない。どんなにもがいても進まないときは進まないし。それに、やってみないとわからないこともあるし。何事も経験して学習、ってとこかなぁ。

今回の結論に至るまでには、当然ながらカナダの永住権についても調べた。
ニュージーランドと同じように、技能移民を受け入れるための Skilled Worker Class というのがある。(カナダ移民局のサイト
やはりポイント制で、学歴、英語(もしくはフランス語)能力、職歴、年齢、雇用等に応じて加点される。
今回は仕事のオファーあっての話なので、ポイント的には問題なさそうだ。

申請に当たって必要なものも、ニュージーランドとほぼ同じ。もう慣れたもんだ。って、こんなの何回もやる人はいるんだろうか。。。
英語能力はまたIELTSだけど、2年のスコア有効期限までギリギリ大丈夫、と思ったら、カナダでは1年以内のスコアしか受け付けないとなっ!
えー・・・またIELTS受けるの〜!?

待て待て、よく見ると、カナダでは配偶者の英語力は問われないそうだ。
ラッキー!と万歳三唱したけど、「要らない」と言われるとなんか悔しい。。。
IELTS受験に向けて、授乳しながら、泣きながら勉強したあの日々は?

いやいや、そもそも英語圏に移住したいと言ってるんだから、英語は常に必要なのだ。しかも、スコアだってギリギリのレベルなんだし。ふ。

というわけで、また夫には頑張ってもらおう。まぁ、カナダではIELTSのスコアに応じてポイントが加点されるだけだから、「何点以上とらないと!」という切羽詰ったものはないし。
しかし、日本から申請する場合、今度は北京じゃなくてマニラが処理担当になるそうだが、マニラの処理期間はざっと60ヶ月という情報を見た。
60ヶ月って、5年・・・?
そんなにかかるのに、IELTSのスコアは1年以内じゃないといけないなんて、なんだか納得いかないぞ。
まぁ、オファーがあれば、1年前後で取得できるという情報ももらったので、とにかく前進あるのみだ。

と、すっかりカナダに向いている自分が不思議だ。
でも、最終目標はやっぱりニュージーランド! 何年かかるかわからないけど、待ってておくれ〜
いや、カナダ行くまでのあと数ヶ月で、「やっぱりニュージーランドだな」という可能性もあるしね。どうせ経験しないとわからないわけだし、何でもやってみるしかないか。いけいけー!(ちょっとヤケクソ)

ところで、北京の結果はどうなったんだ。。。
posted by conafan at 12:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行くとこ決まってよかったですね。

NZはこれが足りない。CAはこれに難点がある。
ああ-!

そういう心境わかります。

そこを「びしっ!」と突き進む決め手があって幸せだと思います。

1000万読者の一人として、お互いの幸運を祈ります。
Posted by いいだま at 2007年02月07日 17:06
いいだまさん、ありがとうございます。
今-18℃というのを見ると、「びしっ!」っと決め手にしていいのかちょっと不安ですが、今は流れに身を任せてみようかな〜と思います。
正直、待つのが疲れたというのもありますが、それもまた流れなのかもしれません。(笑)
Posted by conafan at 2007年02月07日 21:14
Conafanさん、オークランドからこんにちわ!です。 こちらに来て約10日、新居があさってまで出来上がらないので日本語ネット環境になく不自由してます。

そうですか〜〜、ばっちり決まった!って感じですね。 カナダでの御活躍、NZからお祈りしています!!
Posted by ま〜ちゃん at 2007年02月08日 06:09
ま〜ちゃんさん、オークランドからありがとうございます! ううっ嬉しいです。(泣)
新居もいよいよなんですね、おめでとうございます!
かなり遠回りになりますが、必ず行きますので、タウポの別荘に遊びにきてくださいね。(気早っ)
落ち着くまでしばらく大変かと思いますが、がんばってください。
我が家もとりあえず方向が決まったので、これからバシバシ動きますよ〜。
Posted by conafan at 2007年02月08日 06:42
conafanさん、進路決定おめでとうございます。冬、寒くなって我慢できなくなったら、ニュージーランド航空でハワイ経由のオークランド行きに乗って夏のNZはいかがでしょう?(パパが仕事の場合はお留守番??)そんな風にお気軽に遊びに来て下さい。会える日を楽しみにしています。
Posted by kuma at 2007年02月09日 13:05
kumaさん、ありがとうございます。
夏のNZに避寒、いいですね! なるほど、ハワイ経由でいけるのか〜 
当方、極寒体験ツアーの受け入れもいたしますので、交換留学?できるといいですね。
楽しみになってきました!
Posted by conafan at 2007年02月09日 21:32
私もニュージーランドは1年以上も前に Expression of Interest が選ばれたのに,結局面接の催促もなく,移民局からの返答は全くなしです。 FBI レコードを2度も取り寄せたり,書類集めにあれだけ走り回っていましたが,いったい何だったのかと思います。でも,私はニュージーランドとは縁がないと思うことにしました。
Confan さんのように技術もあり,経済のためになる人を素早く審査して永住権をださないのは,"it is your loss" とニュージーランドに言いたいです(笑)。

実は本当に偶然ですが,私もカナダの企業からオファーがあってカナダに引っ越しすることになりました(オタワではないですが)。カナダに住んでみて気に入れば永住権を申請したいな,と思ってます。プロセスは2年くらいらしいですよ。英語とフランス語ができればケベックでプロセスできるので早いらしいですが。
今まで,応募の方法などのお返事ありがとうございました。
Posted by さや at 2007年02月09日 21:35
さやさん、こんにちわ。
なんと、さやさんもカナダ!ですか。いやほんと、びっくりです。
でも、北京のプロセスはかなり遅くなっているみたいですね。ひょっこり連絡が来るかもしれませんが、我が家も今はとりあえず放置の予定です。
今後どうなるかわかりませんが、また情報交換させてもらえると嬉しいです!

Posted by conafan at 2007年02月09日 22:30
僕は今、オタワにいます。そしてニュージーランド移住を目指しています。
僕はカナダに移住はできないなーとここへ来て思いました。だって寒すぎます…。今日はマイナス20度、体感気温はマイナス27度でした…。

でも、スキルがあると良いですね!僕もIT系のスキルを身につけなくちゃ!
Posted by わち at 2007年02月13日 14:48
わちさん、オタワからありがとうございます。
マイナス20度ですか〜。。。ブルブルブル。。。。
早く春が来るといいですね。
地球温暖化がよほど進行しない限り、我が家もニュージーランドを目指したいと思います。
お互いがんばりましょう!
Posted by conafan at 2007年02月13日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。