2007年01月18日

ありがたいことです

買い物をしていたら、長女の友達のお母さん(こういうのを「ママ友」と言うのか?言いたくないけど)に会った。
衣類のセールスの仕事をしているせいか、いつも必ずお化粧してお洒落にしている印象があったのだけど、そのときはスッピンに黒のスウェット上下という格好で、ちょっと意外な感じがした。スウェットにはあちこちに白いシミが目立っていた。

「ラーメン屋のバイトの帰りで、着替えてなくて」
「え? ラーメン屋でも働いてるの?」
「セールスの仕事だけじゃ、お金足りないからね」

そうか。。。

そのお宅は、私たちが前に住んでた新興住宅地の新築戸建に住んでいて、住宅ローンが苦しいと言っていた。
お父さんは自動車メーカーのサラリーマン、お母さんはパートをふたつ掛け持ち。
小学生のおねえちゃんにはスイミングと英会話に通わせ、幼稚園児の下の子にもピアノやスイミングを習わせている。

みんなこんな感じでがんばっているんだろうか。

私の仕事は、だいぶペースができてきた。
無茶苦茶だと思えた依頼も何とか対応したら、
「毎度無理難題を申し上げ、大変恐縮です」
と先方も言ってくれたし。
あれこれ畳み掛けてこられたリクエストも、
「考えていた以上の出来に感動しております」
と言ってもらえた。
在宅で、こんな感じで仕事ができるのは、ありがたいことだ。

こういう状態になれたのは、ごく最近になってからだ。
娘二人もだいぶ手がかからなくなってきたし。
例えば1年前に比べたら、何事においても、あそこまで切羽詰った感じはない気がする。
1年前よりは、まともな判断ができると信じたいものだ。
それでもまぁ時々はキレてますけど。

posted by conafan at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人を上から見下して自分はこんなに、とひけらかすためのブログですね。
Posted by at 2007年10月08日 14:23
↑ 何をもってこのようなコメントができるのか? 投函ネームすら無いですし。。。 卑屈にならず、悔しければ自分自信努力すればいいですのにね。 
Posted by ま〜ちゃん at 2007年10月09日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。