2006年11月20日

モヤモヤチョップ

昨日は結婚記念日だった。
一応恒例ということで、今年もギリシャ料理を用意した。
と言っても、ムサカのはずがシナモンがなくてただのナスグラタンになってしまったし、ガスオーブンがないからピタも焼けなかった。
ネットでやっと見つけたレツィーナというギリシャの安ワインは、松脂の香りが全然弱くてがっかりだったし。

「来年はどこにいるんだろうねえ」

と言うのもちょっと笑えない感じでレツィーナを飲んだ。

無駄なことはないし、いろんな可能性があるほうが楽しいと言える夫に、またしてもモヤモヤをぶつけてしまうのだが、他にぶつける人がいないのだから仕方がない。(開き直り)

どっちにしろしばらくは先行き不透明なんだし、何事も焦ってはいけない、ということを春頃のドタバタで思い知ったはずだが。
なんだか耐えられるか自信がなくなってきた。
というか、いつも前向きな夫が、いつまで私の爆発に耐えてくれるだろうか。。。

さて、では、何だったらできるんですか?
ごみ捨て場で何十分も立ち話してる奥さんたちは、日々心穏やかに過ごしているのだろうか。
夫には深く考えずに、ただ毎日会社の往復をしてもらえばそれでいいのだろうか。

それもできそうもないなー。

まぁね、「ずっとこのまま」ってことはないと、一応経験上分かってはいるのだけど。
あちこちにモヤモヤをぶつけてた若かりし頃に比べたら、大事なものがたくさん増えて、将来に希望も持てるようになったのだから、せめて現状を楽しめるようにしないと罰が当たるっちゅうもんだ。

来年はもうちょっと晴れやかな気分で結婚記念日を迎えられるように、また精進したいところだ。
posted by conafan at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。