2006年08月29日

北京面接

北京の担当官から昨日メールがあり、来月面接しますとのこと。
1ヶ月もないじゃないですか。
今までは待ってばかりだったのに、こういうときこそ余裕をもってスケジューリングしてほしいんだけどなぁ。
私たちはJob offer が却下されたという曰く付きだから、仕方ないか。

早速、北京へのツアーを確認。

3日間だけなのに、7万円以上!

正直、個人的に中国は旅行先としてあまり魅力を感じないので、出張費を全額自己負担という感覚だ。
しかし、今のところ、北京はニュージーランド移住への唯一のパスなのだ。
行かなければならない。

で、安い順に旅行代理店に問い合わせしてみた。

「あいにく満席ですね〜」
「キャンセル待ちになりますね〜」
「連休ですからね〜」

うーむ。。。。
北京に頼んで日程を変更してもらうかとも思ったけど、ちょうど連休だし、夫の実家で娘二人をあずかってもらえるし、このタイミングで行きたいんだよなぁ。

こういうときに、ただ「満席です」で終わる代理店がほとんどだけど、代替案を提案してくれるところもあった。ホテルのこともいろいろ相談に乗ってくれたし、同じ代理店でもえらい違いだ。仕事ならこうでないと。

で、いろいろ検討した結果、4日間のツアーで何とかいけそうだ。

本当は北京に3泊もしたくないんだけど。。。
以前アメリカから一人で日本出張したときのことを思い出すと、娘たちと離れるのも単純につらい。
当然、夫の実家にもそれだけ負担になるし。

しかし、そうまでして行くのだから、ニュージーランド移住への道をしっかりつないできたいものだ。
面接の準備しよ。
posted by conafan at 21:36 | Comment(14) | TrackBack(0) | NZ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
北京面接まできたら、WTRは間違いないですよ! リラックスして面接に望んで下さい。 私の時は2時からでしたが、余裕をもって行っても2時まで戸があかないので、エレベーターを下りたところの狭いスペースで立ちんぼでした。 2時のオープンと同時に、まるでバーゲンセールの開店のように待っていた中国人の人たちがドドっと入り口に押し寄せ、順番もなにもありませんでしたが、左の方から間もなくKUOさんが出てきますので、声をかけてみて下さい。 面接は ありのままの自分でいいと思います。がんばって下さいね!!
Posted by ま〜ちゃん at 2006年08月29日 22:50
よかったですね!! 仕事オファーの件のメールの後はかなりご心配されていたと思うので、今日からはリラックスして面接にも望んでくださいね。ここまで来たら,ビザは絶対とれますよ。
私はやっと、最後の1つの職務経歴書が届いたところなので、もう一度細かいアプリケーションフォームの日にちなどの間違いをチェックして今週中に(ついに)提出しようと思っています。準備期間の5ヶ月は長かったです。。。
Posted by さや at 2006年08月30日 00:18
はじめまして!最近、このブログを見つけて、楽しく読ませていただいております。
私も北京が決まった時は面接日の2週間ほど前。なかなかいいツアーが取れなくて、やはり「もっと早めに言って欲しいなー」と思ったものでした(笑)。その時は私は、移民局まで6〜7分で歩いて行ける華都飯店(ホワドゥ・ホテル)を取りました。ランク的には中の上くらいみたいですが中々いいホテルでしたよ。当時は反日デモの吹き荒れる時で、事前に流れるデモ予定日と面接日が重ならないかヒヤヒヤしたものでしたが、街に出てみると、みんなとても親切だったので、「来て見て良かった」と思ったのを憶えています。
面接はconafanさん達なら全く問題ないと思います!ご成功をお祈りしております。
Posted by Bobby at 2006年08月30日 05:00
ま〜ちゃんさん、いつもありがとうございます。
ありのままの自分でいって却下されたら、そのときは諦めもつきますね。(笑)
ところで、面接ではNZの歴史や社会問題などを熟知しているかなど、質問はありましたか? ワイタンギ条約とか。。。
まぁ質問されなくても、移住するなら知っておくべきなんですけどね〜


さやさん、ありがとうございます。
私はつい焦ってしまいがちですが、永住権をとるっていうのは、やっぱり重大なことだし時間がかかって当然なんですよね。と、やっと気が付きました。(笑)
さやさんもいよいよ本申請、がんばってくださいね!


Bobby さん、はじめまして! お越しいただきありがとうございます。
2週間前なんてこともあるんですか〜「あ、メール出すの忘れてた」って感じなのかな?(笑)
コメントいただいて、北京に行くのも悪くないかな、と思えるようになりました。(行くしかないんですが)
皆さんにいろいろ情報をいただいて、ブログやっててよかったです〜(泣)
Posted by conafan at 2006年08月30日 10:14
ワイタンギ条約については、イギリス人で聞かれる人はいるみたいですが(自国にもかかわっている問題だから?)、私の時は歴史について一切きかれませんでした。

さやさん、本申請がんばってください!
Posted by ま〜ちゃん at 2006年08月30日 11:02
ま〜ちゃんさん、ありがとうございます。
ざっと勉強して臨みたいと思いま〜す。
って、そこまで手が回らないかも。。。
Posted by conafan at 2006年08月30日 11:30
conafanさん、すっごい進展ですね。私まで緊張して手に汗をかいてしまいました(笑)こちらに来てしまうとなかなかアジア旅行が出来ないので、ぜひ北京楽しんできて下さい。一緒にパンを焼く日を楽しみにしています。
Posted by kuma at 2006年08月31日 20:02
kumaさん、ありがとうございます。
NZにつながる結果がもらえたら、またいろいろと教えてくださいね〜
NZで大きなオーブンを目標にがんばりまーす。
Posted by conafan at 2006年09月01日 09:32
頑張ってきてください。
朗報楽しみにしてます。
Posted by タマちゃん at 2006年09月05日 04:39
ありがとうございます〜
今度こそ、朗報になるといいんですけどね。(笑)
Posted by conafan at 2006年09月05日 08:57
注意:ちょっと愚痴させてもらいます。
みなさんに本申請がんばってとあたたかいお言葉を頂いたのですが、今日担当の方からメールが届き、アメリカ FBI からの police certificate が同封されていないので送るようにと連絡がありました :(
Police certificate はパッケージに同封したと私は覚えているし、母にも確認してもらっていたので確かに同封したはず。
ということは,いきなりなくされてしまったということ!? すごくショックです。 Police certificate はアメリカから届くのに 1ヶ月半は最短でかかるし,また指紋も警視庁にとりにいかなくてはいけません :( やっと一歩近づいたと思った New Zealand がまた遠くなってしまいました。

Conafan さんのジョブオファーも一度目は「届いていない」って言われたんですよね。 本当に応募者は手間ひまかけて,いろいろな人に頼んで書類を送っているのだから、ちゃんとなくさずに管理してほしいですよね。

北京のオフィスではどれだけの方がビザ審査してくれているのか「偵察」してきてください! 面接がんばってきてくださいね。
Posted by さや at 2006年09月06日 20:02
>さやさん
去年、ボクもアメリカのFBIからのpolice certificateを取り寄せました。その時ボクは至急必要だったので、高いのは仕方ないとして往復フェデックスを利用し、1週間〜10日で入手できました。たしか、送信するときの封筒の表面に「いついつまでに欲しい!」みたいなことを赤文字で書いて、封筒内に返信用のフェデックス送付表(記入済・クレジットカード払い申込済)と、目立つように「いついつまでに欲しい!」みたいなことを赤文字で書いたカバーレターを同封しました。
直接FBIにメールで問い合わせると、急ぎで入手するためにはどうしたら良いのか教えてくれるのと、一応その依頼を特別ケアしてくれますよ。頑張ってください。
Posted by タマちゃん at 2006年09月07日 09:58
さやさん、それはショック。。。ですね。
本当に神経使って準備している申請者としては、もう一回よく探してよー!と言いたい気もしますが、タマちゃんさんのお話だとFBIにもう一回お願いしたほうが早いかもしれないですね。

いろいろありますが、着実に進んでいることは確かです。
お互い深呼吸して頑張りましょうね!
Posted by conafan at 2006年09月07日 13:30
タマちゃんさん、
conafan さん、

情報どうもありがとうございます。励ましのお言葉、うれしくて涙が出そうです!

今朝,会社を半休して再び警察庁におじゃまして指紋を採っていただき,EMSでFBIに事情を説明した手紙同封で送りました。タマちゃんさんのお話を聞いていた後なら、Fedex の封筒を同封していたのですが、急いで送っちゃいました。

もし1ヶ月以内に届かなければ、タマちゃんさんにお聞きした方法で再度リクエストしてみたいと思います(何回警視庁におじゃますることになるやら。。。)。FBI が親切だとは今まで知らなかったです(笑)。本当に貴重な情報をありがとうございました。
Posted by さや at 2006年09月07日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。