2006年05月12日

Work階級への道

江島健太郎という人のブログにたまたま行き当たり、「おお」と思ったのが、
古代ギリシアでは、「はたらく」ということには3つの層があって、奴隷が命令され指示された仕事を嫌々ながら行う「Labor」と、中流階級の市民が自分のやりたいことを自発的に追求するという「Work」と、そして支配階級を支配階級たらしめる、偉大なコトバによって人の心を動かし、人を動かす「Action」の3つがあったわけです。

という部分。

夫がついに、大企業からのオファーを蹴った。
Labor はもう卒業したいよね。

って、ここんとこ進捗めっちゃ少ないんだけど!!
夫婦でただの Unwaged になったりして。

でもやっぱり、これの32にあるように、
このごろチラッと感じるのは、やっぱりねぇ、兵隊になるっていうことは、
努力してないってことなんですよ。

これ。思考停止したらおしまいです。
posted by conafan at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。