2010年02月18日

スクーター通学

スクールバスで登校するのが普通だったカナダでは、次女もプレスクールで「スクールバスの正しい乗り方」なるものを教えてもらって、いつかバスで学校に行ける日を楽しみにしていた。

が、ここニュージーランドでやっと学校に通えるようになったと思ったら、スクールバスではなく、保護者と徒歩か車で通学するのでちょっとがっかりの様子。

今の学校では、徒歩というより、スクーター通学の子がほとんどだ。
スクーターと言っても原チャリではなく、日本で言うキックボードのこと。学校にはちゃんとスクーター置き場も用意されている。
2010-02-17 15-02-48.jpg

これに乗って、子どもたちはシャーっと学校まで行くのだ。
そのまま学校に置いていく子もいれば、保護者がシャーっと乗って帰る場合もある。

うちの娘たちもこれで通学したい!と言われたが、乗るほどの距離でもないし、危なそうだし・・・と許可してなかった。
しかし、一番小さい次女のクラスの子たちも、普通にシャーっと追い越していくので、「まぁそんなものなのかな」という気になり、結局2週間で解禁してしまった。(弱)

で、私もシャーっと乗って帰ろうかと思ったら、安いスクーターのせいか、ボードが薄くてとても大人の体重には耐えられない感じだったので断念。

2010-02-17 14-03-36.jpgこれは子どもたちがスクーターで勢い良く走る通学路の草むらで、じっと丸まっていたモノ。
ハリネズミみたいなんだけど? ハリネズミなのかな?
2mほど離れたところにもう一匹いて、同じように丸まってました。

ニュージーランドでは普通の草むらにいるものなのか?
と思ってちょっと調べたら、欧米ではペットとして人気があるとか。どこかの家から逃げてしまったのかな〜。スクーターにひかれてないといいけど。
posted by conafan at 17:05 | Comment(4) | NZの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュージーランドでは結構普通にいるもんなんですw
Posted by タマちゃん at 2010年02月18日 18:09
そうなんですね〜 激写!と思って撮っちゃいましたよ。
Posted by conafan at 2010年02月18日 18:25
これは壮観!>スクーター置き場
お子さんたち、きっと念願のスクーターを堪能していることでしょう。うちもたいした距離じゃないんですが、二人を別々の学校に連れて行かないといかんのでスクーター(か自転車)は手放せませぬ。朝のくっそ忙しい時にもたもた歩かれたらできの悪い母はぶっち切れます。けど、conafanさんとこのスクーター率、オドロキの高さです。うちの学校はここまでではないし、スクーター置き場なんてないです〜。

確かにこのスクーターって、シャシャーっと言ってしまうので、なんだか危なそうですよね。特にうちの近所は最近バカな若者が大量発生する時期でして、むちゃくちゃな運転するヤツが多く、ほんま危険なんです。イヤホント・・。こればっかりはスクーターじゃなくて徒歩だってなんだって危ないんですけどね。一度、大量発生している若者の管理総本山に正式抗議しようかと思っているんですが、夫に「取り合ってくれる訳がない」と一蹴されました。

ところで、Scooterってキックボードって言うんですねえ。初めて知りました。

ーーーーー

で、長くなるんですが(笑)
Hedgehog、かわいいですねw
昼間に見かけるのは珍しいのでは。
こんなにかわいいのに、こやつもNZでは "Invasive species" だそうですョ。知り合いがDOCの「害獣」駆除チームで働いているんですが、ポッサムとかハリネズミの命だって命なのになぁ・・・と思う今日この頃です。ではでは。
Posted by ばこ at 2010年02月20日 17:17
ばこさん、スクーターでシャーっと行かれたら、とても追いつけませんよね。私の分も必要かも。。。
前の学校はスクーター通学なんてなかったので、これまた学校によって違うんですねえ。

ハリネズミも害獣なんですか〜。じっと丸まっていて動かなかったけど、夜は害獣ぶりを発揮するのでしょうか。
ハリネズミより、その若者をなんとかしてほしいもんですね。
Posted by conafan at 2010年02月22日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。