2010年02月09日

新学期

新学期が始まって1週間。
新しい学校でどうなるものかと思っていたけど、娘二人ともすんなり楽しんでいる様子だ。

特に次女は学校に行けるようになったのがとにかく嬉しいらしく、朝も全速力で走って学校に向かう。食欲も旺盛だし、毎日疲れてパタっと寝ちゃうし、何だか違うフェーズに入ったようだ。

ニュージーランドの小学校は制服があったり自転車通学OKだったり、カナダとは違うことがいろいろあるけど、一番驚いたのはアレルギーに対してあまりうるさくないことだ。

カナダの学校やサマーキャンプでは、ランチやスナックで持ってくる食べものについて必ず注意事項があった。
「このクラスには○○アレルギーの子がいます。生命を脅かす危険性があるので、○○は絶対に持ってこないでください」
といった内容だ。
まず、ナッツ類は必ずといっていいほど持ち込み禁止だった。だからスナックを買うときもパッケージをよく見て、「ナッツフリー」のものを選ばなければいけない。
スナックでは丸かじりが定番のりんごが禁止のクラスもあった。
そしてアレルギーの子は、エピネフリン注射器を学校に常備するのが条件だった。

ニュージーランドに来てから子どもたちが関わった学校や幼稚園で、今のところアレルギーに関する注意を受けたことがないのはたまたまなのだろうか。(最初に「何かアレルギーがあるか」という質問は必ずある)
カナダでフィリピン出身のご近所さんが、「カナダ人はアレルギーが多いけど、アジア人はあまりないから」というようなことを言っていたが、ニュージーランドもアジア寄りなんだろうか。先進国度合いが低いってことかな。

ランチで食物アレルギーの注意がない代わりに、「甘いものは持たせないでください」と必ず書いてある。飲み物も基本的には「水」だけだ。
水と言ってもペットボトル入りのミネラルウォーターを買うわけではなく、水道水を水筒に入れるだけ。
カナダでは学校で注文してもらう牛乳もイチゴ味やチョコ味の甘いものだし、家からはストロー付きパック入りジュースを持たせるのが普通だった。保育園や幼稚園でも、スナックタイムにはジュースが配られていた。
うっかりそれが普通な気がしていたけど、考えてみれば水で十分だわな。

あと、こちらでは帽子着用は結構うるさいようだ。帽子がないと休み時間に外で遊べないらしい。
ニュージーランドは紫外線量が日本の約7倍と聞いたけど、同じく紫外線量が日本の約7倍と言われたカナダでは、帽子よりも日焼け止めを塗るようにという指導があった。保育園では各自の日焼け止めを常備してあって、外遊びの前にはスタッフが子ども一人一人に塗ってくれていた。アメリカのプレスクールでもそうだったっけ。

まぁ全体的な印象として、ニュージーランドでは何事も北米よりはシンプルに回ってるなぁという気がする。

posted by conafan at 17:53 | Comment(4) | NZの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カナダの紫外線量がそんなに多いと言うのは知りませんでした。そうなんですね。

アレルギーに関する注意はもしかして対象の子供がいないとそれほどあまり注意がないのかもしれませんね。うちの子の幼稚園ではナッツアレルギーの子がいるので、通い始めるときはもちろん、ちょっとした食べ物持ち寄りのイベントがあるときも「NO NUTS PLEASE」と書かれています。ナッツアレルギーはヘタをするととんでもないことになってしまうらしいので。
Posted by rosso8 at 2010年02月11日 03:24
アレルギーの話は、うちの子たちの周囲がたまたまだったんですね。
カナダのときはクラスに必ず数人はいたので、必ず注意がありました。アトピーや喘息の子も意外に多いなぁという印象でしたが、こちらではどうなんでしょうね。
個人的には花粉症が心配です。。
Posted by conafan at 2010年02月11日 05:31
こんにちは〜。お子さんが学校を楽しんでいらっしゃるようでよかったです。先日、クラスヘルプに入ったのですが、すでにすごく馴染んでいてのびのびと遊んでました。子供は頼もしいですねえ。

そうですか。私もアレルギーに関しては緊張度が低いように思ってました。で、特に何も言われてなかったのですけど加害者になるのも怖いんで、保育所で「子供のバースデーケーキ持参したいんですけど、アレルギーのポリシーある?」って聞いたらNut-freeだと言われました。ナッツはアレルギー性が高いし、安全のため持たせてなかったのでよかったです。。。

甘いものについても、学校次第なのかも知れませんね。イギリスでは手作りマフィンとか持たせたら、「絶対甘いもの持たせないで!」と怒られましたが(←この学校はホント感じ悪いスタッフが多かった・・イギリスが全体的にそんな感じなんだけど)、こっちでは保育所でも小学校でもぜーんぜん何も言われないです。と言うか、学内のCanteenで甘いものを売っているみたい。それもどうかと思うんだけど・・

カナダの学校では飲み物が甘いというのは意外です。世界各国各地各学校で色々ですねえ。
Posted by ばこ at 2010年02月17日 16:39
ばこさん、こんにちわ。
前の幼稚園でポットラックがあったときも、なんにも注意がなくてびっくりしましたよ。しかもみんな甘いものばっかり! 
アメリカ・カナダではフルーツ、甘いもの、飲み物、スナック、皿、ナプキン・・・と分けてサインアップしてたのとは対照的だったので、「そりゃこうなるわ〜」と鼻血出そうでした。
しかし、同じNZでも学校・地域によって雰囲気全然違うんだなぁと実感してます。まぁ日本だってそうですよね。
Posted by conafan at 2010年02月18日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。