2006年01月20日

青色申告

また申告の時期がやってきた。
といっても、私は現金出納帳を会計士に送るだけなんだけども、領収書を整理するだけで、もう3日かかっている。
領収書の中でひとりかるた大会。
個人事業で出入りもほとんどなくてこの調子なんだから、会社の経理はさぞ大変だろうなぁ。
まぁ、そういうのばっかり専門でやってたら、たいしたことないのかな。

でも、領収書を見ると、1年間の出来事がいろいろと思い出される。
引越し先を見に行ったときの高速料金とか、
生まれたばかりの次女のオムツかぶれのために買った薬代とか、
引越した日に注文したまずいピザ代金とか、
それを捻挫した足を冷やしながら食べたこととか。。。

そんな調子で始まった年だけど、
その後はニュージーランド移住を本格的に考えて、
結果的には1年間で結構いろいろやったなーと思う。
何をそんなに自分たちで背負い込んでいるんだっていうくらい。

でもアメリカにいたときみたいに、会社にただ振り回されるより、
自分たちで決めて進んでいるという実感はある。
私たちにとって、これが一番大事なポイントなのだと思う。

さて、これから1年間、どんな展開になるのかなぁ。
posted by conafan at 14:36 | Comment(6) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本は青色申告!の時期なのですね。
NZ移住を決意された去年は
劇的な1年だったのですね。
2006年度は、沢山の楽しみと喜びが
ある年でありますように☆
Posted by marie at 2006年01月21日 20:36
NZに行けば、穏やかな生活ができるはず!
と思って、突き進んでますが、
どこで暮らしたって、背負い込みたいサガなのかも・・・
という気もしてます。
娘たちにはいい迷惑かなー?(笑)
Posted by conafan at 2006年01月22日 11:30
今日、初めて読ませていただきました。
私は現在NZに滞在3年目の主婦です。
私は実はまだ永住権を申請していません。
そろそろ申請を考えていますが、私は本当、いい加減に生きてきた?しわよせにいま苦しんでいます。日本での正社員暦は2年。その後は派遣で20社以上の会社にそれぞれ短期で行っていました・・唯一職歴の証明をもらえる正社員の会社ももう5年以上も前に倒産していて・・(*_*)
IELTSも一度も受験したことなく・・受験する勇気もありません。だけどやらなければならないときが来たようです。。
主人は頼りなく、ふんふん・・と話を聞いてるだけでまったく行動を起こしません。ビザが3月いっぱいで切れるのにです!!実は彼はまだ23歳で去年NZの大学を出たばかり。。ジョブオファーがもらえる次の会社を探しているところです。
私自身で主となって申請するのが良いんですが、職歴とIELTSがネックです・・運良く私の2年の職歴と国家資格が同じ分野でしかもそれは技能不足産業に当てはまるので少しポイントが加算されるのですが・・・IELTSってほんとう、ストレスフルです・・・
私の英語力なんてほんと・・なさけなく、自分で調べる時間はあっても????ばかりです。
こちらでかなり参考になりました。なんとかやってみようと思います。
何かアドバイスがありましたら教えてください!!
Posted by さおり at 2006年01月25日 06:28
さおりさん、はじめまして。
NZにもう3年もお住まいとは、いいですねぇ。
でも3月でビザが切れるとなると、対策を急ぎたいところでしょうね。
NZならIELTSの試験日が日本より多いとか。
がんばってくださいね〜。
NZ生活事情を教えてくださいね。
Posted by conafan at 2006年01月25日 16:21
そうですね・・IELTSは月に1度は試験があります。ただ、ジェネラルとアカデミックがあって、アカデミックしかない月もあります。
 NZ来られた事ないんですよね?将来には良い国なんでしょうか??私は正直わかりません。私の旦那は中国人なので老後日本に住むことはないでしょうけど(一人息子の跡取りなので・・)同年代の日本人夫婦がこちらで普通に働いてて、いざ日本に帰るとなるとやっていけるのかな・・と思ってしまいます。お給料も安いだろうし(実際知りませんけど・・)日本でバリバリ働いているサラリーマンとはものすごく差があるから日本の友達には会いたくないとレストランで働いてたシェフがおっしゃっていました。その方はこちらで家も買って私からしたらうらやましいご家庭ですが・・・自分で店を持って成功すれば別でしょうけど・・・私は本当は日本が一番いいです・・(*_*)
 けれどこの3年で1度帰国したのですが、NZの自然の多さや、街の美しさはもうつくづく感じました(^0^)なんせ大阪の都会出身ですので・・・
Posted by saori at 2006年01月26日 03:52
さおりさん、はじめまして。 私も大阪出身です! 要は、人生の何に価値観を見出すかということですよね。 日本では皆がバリバリ働いて、(そのように見えるだけ)給料も良くて、でもNZのように自然や余暇を楽しみながら仕事をするということはできませんよね。 また、この価値観も年齢とともに変わってきます。 私は40代に入りました。 今まで夫婦ともに仕事をがむしゃらにこなし、周りの人間関係・しがらみの中でアセクセ神経を使ってきた。 でもこれからは、自分たちの人生を楽しむために、そして子供に国際的な人間になってもらい自分の将来をたくさんの選択技からチョイスできる環境においてあげるためにNZへ行きま〜す!  
Posted by ま〜ちゃん at 2006年01月26日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。