2009年03月19日

カナダ永住権への道程

カナダ移住の記念?に永住権を申請した。
カナダのほうもニュージーランドの永住権同様「Skilled worker」クラスというのがあって、職歴や学歴に応じたポイント制になっている。
すでにカナダで職を得て働いているので、ポイント的には問題なく、運良くカナダでも永住権を取得できたので、これまでの話を一旦まとめ。
時間軸は申請書類提出を基準にしてます。

5ヶ月前 ・IELTS受験(1年以内のスコアを提出しなければいけないので、夫は2年ぶり2度目の受験。NZと違って同伴家族の英語力は不問なので、私は免れた。)
・出身大学から英文の卒業証明書と成績証明書を取り寄せ。(配偶者の学歴もポイントになる)
・在籍していた会社から英文の在籍証明書、給与証明書を取り寄せ。個人事業主としては納税証明書を税務署に発行してもらい、英訳。
・夫のスキル証明のため英文で推薦状を用意し、前職の上司にサインしてもらう。
2ヶ月前 ・無犯罪証明の申請(18歳以降に半年以上居住した国)
 日本の分は日本大使館で指紋を採取して申請。(処理期間は約2ヶ月)
 アメリカの分は、FBIだけではなく、カリフォルニア州警察の証明も必要。指紋採取サービスを探し、FBIと州警察に送付。(しかし、FBIのほうは指紋がなぜか途中で紛失、州警察のほうは専用の用紙を使えということで、いずれも指紋を取り直し。)
・出生証明書と結婚証明書
 日本大使館に戸籍謄本を持って行き、英文の証明書を発行してもらう。
1ヶ月前 ・銀行の残高証明
 日本の銀行からも英文の明細書を発行してもらう。
0.5月前 ・必要書類が揃ったので、公証人(notary public)にコピーを作って公証してもらう。
 (無犯罪証明書とIELTSレポートはオリジナルが必要)
0 ・アメリカNY州Buffaloのビザ・オフィスに申請書類一式を送付。
・IELTSレポートをBuffaloに送付してもらうよう日本のブリティッシュ・カウンシルに依頼。(レポートはブリティッシュ・カウンシルから提出先に直接送付する決まりらしい)
2ヶ月 ・そろそろファイルナンバーが届く頃かな、と待っていたら、送付した申請書類一式がそっくりそのまま返却されてきた。
・日本から送ってもらったはずのIELTSレポートがない、ということで、差し戻されたらしい。おそらくビザオフィスで紛失したのだろうけど、仕方がないのでブリティッシュ・カウンシルに再発行してもらう。
4ヶ月 ・ファイルナンバーが届き、E-CASで「In Process」というステイタスを確認。
9ヶ月 ・ファイルが Buffalo からニューヨークのオフィスに転送される。
11ヶ月 ・ニューヨークのオフィスからレターが届く。「面接は免除されました。指定医で健康診断を受け、Right of Permanent Residence Fee(RPRF) を支払ってください。」
12ヶ月 ・健康診断を受診し、そのレシートとRPRFのチェックをニューヨーク・オフィスに送付。
・その10日後、「健康診断のレシートは受け取ったが、同封されているはずのRPRFのチェックがありません。」というメールが届く。また紛失か。。。仕方がないので先のチェックをキャンセルし、新しくチェックを用意して再送付。
1年2ヶ月 E-CASで「Medical results have been received.」という一文が追加される。
・その1週間後、パスポート・リクエストが届く。レターには「The officer determined that you are eligible for immigration to Canada...」とあった。
・すぐにパスポートと写真(各自4枚)をFedexで送付。
・2週間後、E-CASのステイタスが「Decision Made」になっているのを確認。
1年3ヶ月 ・ニューヨーク・オフィスから永住ビザ付きのパスポートが返送。
・8ヶ月以内にランディングすればResidence Permitとなる。

途中で書類や申請料の紛失がなければ、1年以内で永住権は取得できたはず。
特に、最近はカナダ国内での学歴・職歴を重視した「Canadian Experience Class」というのが新設されたので、該当すればかなり早く永住権を取得できるはず。

さて、我が家はこれからどうしたもんでしょうか。
posted by conafan at 11:11 | Comment(4) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カナダもOKで、より取り見取り、うらやましい限りです。我が家も頑張らねば。
Posted by ばこ at 2009年04月11日 01:50
ばこさん、ありがとうございます。
「カナダとNZ、一体どっちがいいの?」とカナダ人に直球で聞かれて、アワアワしてしまいます。
ばこさんのところは、オファーもらったんですね! おめでとうございます!(ブログにコメントできず、こちらで失礼します)
Posted by conafan at 2009年04月11日 03:43
conafanさんっ!
スイマセン、registered usersしかコメントできない設定になっていました!←バカ
独り言日記だったので、気付いておりませんでした。だはは。直しておいたので、またよろしくお願いします〜。
Posted by ばこ at 2009年04月18日 04:37
conafanさん、はじめまして。カナダへ移住を考えている電気エンジニアのこばです。よろしくお願いします。この永住権取得のスケジュール感といい、やるべき内容といい、とてもわかりやすく本当にありがたいです。1つお聞きしたいのですが、これらの工程は全てご自身で行ったのでしょうか?それとも移民弁護士やなんらかのエージェントを通して行ったのでしょうか?

他の国でエージェントを通そうとしたところ、結構高めの値段だったのでカナダでは何とか自分でやってみたいなーと思いまして相談させて頂きました!
Posted by こば at 2013年06月12日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。