2008年10月27日

ピザはいかが?


簡単に済ませてしまおう、と思ってとりかかった、本当にしょうもない作業が思わず難航してしまって、午後4時半時点で進捗ゼロ。
寒い中、夫がせっかく娘たちを公園に連れ出してくれたというのに。。。

自分であまりに脱力してしまって、これから夕食を作る気になんてなれず、「今日はピザでもいい?」と聞いてみた。

そう、ピザはうちの非常食という感じで冷凍庫にストックしてある。
こういうときこそ、非常食の出番だ。

しかし、長女も次女も「ヤダ〜」とそっけない返事。

「だってもうご飯作りたくないんだよっ!」と半泣きで訴えたところ、
「みんなでお手伝いするからさ、ご飯作って、ね?」
と3歳の次女に反撃されてしまった。

どうも、うちの娘たちはピザが好きではないらしい。
長女は1年生のときに学校でピザを注文してなくて、一人で日式弁当を食べるという辛酸をなめたため、2年生ではしっかりとペパロニ・ピザを注文すると言い張ったのだが、実はピザそのものを食べたいわけではないのだ。
昨日もお友達のバースデー・パーティーでピザがあったそうだが、一切れもいただかなかったらしい。

ピザといえば、北米ではハンバーガーとホットドックと並ぶ主食御三家だ。(おそらく)
ピザさえ食べてれば、ばっちり健康!と思い込んでいる人もいそうだ。

確かに、特に子どもにはウケること間違いないメニューだと思うのだけど、うちの娘たちにはウケが悪い。
単に母の怠慢を許さないだけなのかもしれない。
実は昨日も「ピザがいいか、お鍋がいいか」と聞いたら(毎日非常食)、「お鍋!」と即答されたし。

この調子では北米ではやっていけないかもなぁ。
先週も、Kさんご一家と急遽夕食をご一緒することになったため、宅配ピザを注文したんだけど、フォークの使い方とか、やっぱり年季が違うわ!と思い知ったところだった。
ちなみに、「ピザ好きなの」と言ってたそこのpickyお嬢さんは、チーズやトッピングをすべて取り除いて、生地だけ食べていてこれまたびっくり。(子どもウケするトッピングをあれこれ考えて注文したのに!)

世界のどこに流れていくのかわからないけど、我が家はお鍋で生きていこうぜ。
と、泣く泣く夕食の準備をしたけど、やっぱり娘たちは手伝ってくれなかった。
posted by conafan at 10:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。仕事で疲れて本当に夕飯を作りたくない気持ちよ〜く分かります!冷蔵庫を開けてもメニューが浮かばないほどスカスカ、だけど買い物にも行きたくない、インスタントラーメンじゃだめ??って言いたくもなります。ピザは宅配とピックアップでは全然値段が違いますね。2ヶ月に一度はピザの夕食にしますが、うちはLARGEサイズを4枚、次の日の子供たちのお弁当にも入れちゃいます。そして思う。4枚分だったら、近所のベトナム料理行ったほうがよかった、と(涙)
Posted by kuma at 2008年10月28日 09:14
LARGE4枚とはさすが!! そうそう、翌日の冷めたピザがまた別のウマさなんだそうですね。
でも私もベトナム料理のほうがいいです。オタワでは日本のラーメンが恋しくなることもありますが、いろんなヌードルを食べれるのも移民の国ならではですね。
さて、今晩はどうしましょう。(笑)
Posted by conafan at 2008年10月29日 03:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。