2008年10月08日

おでんパーティー

20081004_71.jpg
長女の7歳の誕生日に、何が食べたいかと半ば誘導尋問形式で「おでん」にした。

おでんくん」を見て以来、おでんは娘たちの人気メニューだ。

私にとっても、まぁ手抜きメニューなので、いくらでも作りまっせ、というところだ。

で、オタワではこんにゃくも大根もごぼう天もはんぺんもちくわぶも入手できるけど、肝心の「餅巾着」がない。(「おでんくん」の主人公は「餅巾着」)

でも、餅(サトウの切り餅)と油揚げはあるので、作ることはできる。
ただし、日本サイズの油揚げは冷凍で油が浮き出ているのしか見たことがないので、いつも中華系スーパーで何やら小さい立方体のを買っている。

この立方体の中身をくりぬき、小さく切った餅を詰め、竹串に刺したのが我が家の「餅巾着」だ。
竹串が長いので、4連もしくは5連の餅巾着となる。
ちょうど一口サイズで、子どもも食べやすいのだ。

こんなおでんを喜んで食べてくれるのも、いつまでかな。

友達のバースデー・パーティーに触発されて、自分も友達を呼んでやりたいというので、「おでん」パーティーにする?と言うと、「そんなのみんな食べれないよ!」と激しく拒絶された。
まぁ、そうだろうね。

太巻きくらいなら、食べれる子もいるかなぁ?
posted by conafan at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。