2009年03月26日

Disney On Ice

ディズニー・オン・アイスがオタワにやってくると言うので、初日に見に行ってきた。(公式サイトで動画が見れます
こちらでは、毎年恒例の催しのようで、「お宅はいついくの?」くらいポピュラーなものらしい。

今回は「Disney On Ice 100 Years of Masic」というので、主要キャラクターがてんこ盛り。
特にプリンセスたちが入り乱れてクルクルし始めると、うちの娘たちも大興奮だった。
20090325_19.jpg

野獣に担ぎ上げられるベルと、その他プリンセス・プリンスたち。

続きを読む
posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

バービー式部

20090323_02.jpg依然として人気の高いバービー。




オシャレで素敵なお姉さんだ。






20090323_03.jpgそれが長女の手にかかると、これ。


和すぎ!





posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

ランディング

20090322_23.jpg
永住ビザが貼り付けられてパスポートが戻ってきたので、ランディングするためにアメリカ国境まで車を1時間ほど走らせた。
最近このランディングの仕組みが変わったそうで、すでにカナダ国内に temporary status で居住している場合、一度出国しなくても、国内のCICオフィスでもランディングの手続きができるらしい。

で、指示通りCICの(悪名高い)コールセンターに電話してみたが通じず。。予約できても、どうせ平日だったら学校休ませないといけないし・・・と思い直し、従来の方法で一旦出国することにした。

続きを読む
posted by conafan at 00:00 | Comment(0) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

カナダ永住権への道程

カナダ移住の記念?に永住権を申請した。
カナダのほうもニュージーランドの永住権同様「Skilled worker」クラスというのがあって、職歴や学歴に応じたポイント制になっている。
すでにカナダで職を得て働いているので、ポイント的には問題なく、運良くカナダでも永住権を取得できたので、これまでの話を一旦まとめ。
時間軸は申請書類提出を基準にしてます。

5ヶ月前 ・IELTS受験(1年以内のスコアを提出しなければいけないので、夫は2年ぶり2度目の受験。NZと違って同伴家族の英語力は不問なので、私は免れた。)
・出身大学から英文の卒業証明書と成績証明書を取り寄せ。(配偶者の学歴もポイントになる)
・在籍していた会社から英文の在籍証明書、給与証明書を取り寄せ。個人事業主としては納税証明書を税務署に発行してもらい、英訳。
・夫のスキル証明のため英文で推薦状を用意し、前職の上司にサインしてもらう。
2ヶ月前 ・無犯罪証明の申請(18歳以降に半年以上居住した国)
 日本の分は日本大使館で指紋を採取して申請。(処理期間は約2ヶ月)
 アメリカの分は、FBIだけではなく、カリフォルニア州警察の証明も必要。指紋採取サービスを探し、FBIと州警察に送付。(しかし、FBIのほうは指紋がなぜか途中で紛失、州警察のほうは専用の用紙を使えということで、いずれも指紋を取り直し。)
・出生証明書と結婚証明書
 日本大使館に戸籍謄本を持って行き、英文の証明書を発行してもらう。
1ヶ月前 ・銀行の残高証明
 日本の銀行からも英文の明細書を発行してもらう。
0.5月前 ・必要書類が揃ったので、公証人(notary public)にコピーを作って公証してもらう。
 (無犯罪証明書とIELTSレポートはオリジナルが必要)
0 ・アメリカNY州Buffaloのビザ・オフィスに申請書類一式を送付。
・IELTSレポートをBuffaloに送付してもらうよう日本のブリティッシュ・カウンシルに依頼。(レポートはブリティッシュ・カウンシルから提出先に直接送付する決まりらしい)
2ヶ月 ・そろそろファイルナンバーが届く頃かな、と待っていたら、送付した申請書類一式がそっくりそのまま返却されてきた。
・日本から送ってもらったはずのIELTSレポートがない、ということで、差し戻されたらしい。おそらくビザオフィスで紛失したのだろうけど、仕方がないのでブリティッシュ・カウンシルに再発行してもらう。
4ヶ月 ・ファイルナンバーが届き、E-CASで「In Process」というステイタスを確認。
9ヶ月 ・ファイルが Buffalo からニューヨークのオフィスに転送される。
11ヶ月 ・ニューヨークのオフィスからレターが届く。「面接は免除されました。指定医で健康診断を受け、Right of Permanent Residence Fee(RPRF) を支払ってください。」
12ヶ月 ・健康診断を受診し、そのレシートとRPRFのチェックをニューヨーク・オフィスに送付。
・その10日後、「健康診断のレシートは受け取ったが、同封されているはずのRPRFのチェックがありません。」というメールが届く。また紛失か。。。仕方がないので先のチェックをキャンセルし、新しくチェックを用意して再送付。
1年2ヶ月 E-CASで「Medical results have been received.」という一文が追加される。
・その1週間後、パスポート・リクエストが届く。レターには「The officer determined that you are eligible for immigration to Canada...」とあった。
・すぐにパスポートと写真(各自4枚)をFedexで送付。
・2週間後、E-CASのステイタスが「Decision Made」になっているのを確認。
1年3ヶ月 ・ニューヨーク・オフィスから永住ビザ付きのパスポートが返送。
・8ヶ月以内にランディングすればResidence Permitとなる。

途中で書類や申請料の紛失がなければ、1年以内で永住権は取得できたはず。
特に、最近はカナダ国内での学歴・職歴を重視した「Canadian Experience Class」というのが新設されたので、該当すればかなり早く永住権を取得できるはず。

さて、我が家はこれからどうしたもんでしょうか。
posted by conafan at 11:11 | Comment(4) | カナダ移住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

羨ましい学校

長女が通っているこちらの小学校と、自分の小学生時代とついつい比べてしまうのだけど、国も年代も違うのだから、「へ〜」と思うことがたくさんある。こないだの理科の授業内容もしかり。

・学校行事が少ない
運動会っぽい Fun Fair とか、フレンチの発表会なんかはあるけど、その行事のために何週間も前から練習に時間を割くということはない。何回も同じことをみんなでやらされるのが苦手だった私には、このアッサリぶりが羨ましい。
行事当日もボランティアでお手伝いする親はいるけど、家族総出で参加するようなものはない。ビデオカメラの出番もない。

・掃除の時間がない
続きを読む
posted by conafan at 04:26 | Comment(0) | カナダの学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

人のからだ

人のからだ (ニューワイド学研の図鑑)長女が借りてきたこの本。
小学校1年生としては、ほぼ初めて見る体の中身が満載で、次女と一緒に興味津々で見ていた。

中でも赤ちゃんがお腹の中で育っていく様子には、もう大興奮だった。

「なんでお魚みたいなの?」
進化論を説明しだす夫に、ますます「???」な二人。

「わたしもお魚だったの?」
そ、そうとも言えるかもね。。。

20090226_03.jpgそれにしても、「大人の男女」というタイトルで載ってた写真は、だいぶ偏っているんじゃないんでしょうか。

これが大人の姿というなら、父さんも母さんも、大人とは言えないぜ。



posted by conafan at 09:13 | Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。